【私がみた中国】スマホ決済普及の裏にある「なにそれおれも主義」。

仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。

そんな自分にとって中国の変化のスピードは、もはや当たり前。何を見てもいちいち驚かなくなりました。

「経済発展」や「デジタル化」、そして「急速な社会的成熟」。

日本国内でもよく耳にするであろうこれらのワードは間違いなく中国の真実です。だけど、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変化じゃなくて、普通の人たちの変化への対応っぷりです。

今回は、そのなかでもスマホ決済の普及について書いてみたいと思います。 

個人商店でもスマホ決済が当たり前。

今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができるようになっています。なかでも中華SNSアプリ『WeChat』は一般的。

それも「スマホ決済も可能です」なんてレベルじゃありません。

市場でもこちらが現金を使う時は、店頭の若者にちょっと面倒くさそうな表情をされる覚悟が必要。“現金を持っているオーナーを呼んでくるから”と待たされて、後ろに並んでいる人たちにどんどん先を越されてしまいます。えっ、私って遅れてる人?

市場の個人商店レベルでも!? と思うかもしれませんが、北京におけるスマホ決済はむしろ小規模な商取引や、個人的な取引でこそ威力を発揮しています。

もしもあなたが店主で、アルバイトにお店を任せるとしたら、売り上げの計算が心配になりますよね? スマホ決済なら、お釣りの間違いなんて起こらないし、泥棒の心配もありません。バイト君的にも、一日の終わりのレジ閉め作業も不要。まず店にレジが要りませんからね。なんて合理的!

キャッシュレス社会というと、これまではクレジットカードのイメージがありましたが、そもそも中国には、諸々の事情でクレジットカードの審査が通らない人もたくさんいます。その点、スマホ決済はスマホさえ持っていれば誰でもキャッシュレスになれる、というのも普及の一因のようです。

スマホ決済の是非はどうでもよくて……。

これだけ書いておいて何ですが、私がここで伝えたいのはスマホで決済することのメリットじゃありません。感心したのはシステムよりも、中国人の便利なものがあるならすぐに学んで試してみる、隣の人がやってたらとにかく自分もやってみる「なにそれおれも主義」。

例えば、日本ではスマホに苦手意識を持つ高齢者の方も多いと思います。

一方、中国では違います。

ランニングシャツに白髪ボーボーで三輪バイクに乗っている、かなりクラシックな雰囲気のおじいちゃんだって、スマホ片手に露天の串焼きを食べています。「網戸直します」と看板だけ掲げて、日がな路肩に座っているようなオジサンもスマホ決済(儲かってるのかな?)だし、私のオフィスのお掃除や料理などをしてくれるオバチャンの給料もスマホ決済。旧正月には孫のお年玉をスマホで送るスマートジジババだっているぐらい。

何なのよ、去年ぐらいまで、まだ誰も使ってなかったクセに! なんて、ツッコミのひとつも入れたくなるほどの順応性です。しかも老若男女ですからね。

もちろん、まったく現金が使えないわけじゃありませんよ。スマホ決済できない場所もたくさんあります。これはあくまで北京の中産階級や外国人が多いエリアに住んでいる、私の体験です。

でもね、みんなが見よう見まねで我も我もと新しいことに参加してくる、その中国人のパワーはあっぱれの一言です。

仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
北京で生活していると、日本人と中国人の考え方の違いに気づくことが多々ありますが、今回は“スキル”の話です。多くの中国人が絶対に日本人より高いスキルを持って...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
本日11月11日は、中国では1並びの「独身の日」です。毎年EC各ショップではこれにあやかってセールを行います。とくに中国最大のショッピングサイト『淘宝(タ...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...