今、ジンバブエでは「スマホ決済と仮想通貨」がアツい

中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まりました。ジンバブエです。

※ちなみに、上の写真は首都のハラレ。想像以上に都会です!

キャッシュレス化は必然!?

ジンバブエといえばハイパーインフレのイメージです。自国の通貨であるジンバブエドルが紙クズ同然になり、パンひとつ買うために持ちきれないほどの札束を抱える人々をニュースで見たことがあります。

実際、2009年には自国通貨を廃止して、アメリカドルなど9つの外貨を国内通貨として使用することに。とはいえ、ことはそんな簡単に解決するはずもなく、肝心の外貨が不足し、今現在も経済の混乱は続いている模様。

そんな背景から、ジンバブエの人々は“通貨”そのものに見切りをつけ、キャッシュレス化への動きが加速したようです。

仮想通貨取引所が
中央銀行に勝訴

その象徴ともいえるのが「Zapper」というQRコード決済用アプリの存在。

同国のテクノロジーメディア「TechZim」によると、今多くの経営者たちがこの「Zapper」を積極的に取り入れる動きがあるとのこと。日本でいえば「LINE Pay」のようなものでしょうか。なんせ、通貨の流通が滞っているジンバブエでは、銀行からお金を引き出すのにも上限が決められており一苦労。スマホ決済が当たり前になれば、生活はグッと楽になりそうですよね。

スマホ決済だけでなく、仮想通貨にも注目が集まっています。

すでにジンバブエ国内には、ビットコイン対応のATMが設置されているとか。さらに2018年中には「KuvaCash」というスタートアップが、仮想通貨を使ったスマホ決済を広めていく予定もあるそうです。

今年の5月中旬には、ジンバブエで最大の仮想通貨取引所「Golix」が、ジンバブエ中央銀行による仮想取引を禁止する命令を憲法違反であると訴訟を起こし、勝訴したなんてニュースも。完全に追い風ですね。

キャッシュレスや仮想通貨ってなにも先進国に限った話じゃなくて、世界中の人々の生活を変える可能性を持っているんですね。

あらためて思いました。

Top photo: © Ulrich Mueller/Shutterstock.com
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
1月14日、R&BシンガーソングライターAKONが構想する未来都市の建設に関して、セネガル共和国の国営観光会社「SAPCO」が正式に承認をした。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
ジンバブエ発祥の「The Friendship Bench」は、おばあちゃんとコミュニケーションをとって、こころの病気を治療するサービスです。現在はNY市...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
「今、テイクアウトができる飲食店」がわかり、事前決裁で取り置きができるサービス「QUIPPA(クイッパ)」が、今月24日まで日替わりの加盟店紹介をするTw...
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
職業も生き方もまったく異なるけれど、「今と未来を真剣に考えている」という3人の男を集め、とにかく片っ端から気になることを話してもらおうという今回の企画。
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...