今、ジンバブエでは「スマホ決済と仮想通貨」がアツい

中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まりました。ジンバブエです。

※ちなみに、上の写真は首都のハラレ。想像以上に都会です!

キャッシュレス化は必然!?

ジンバブエといえばハイパーインフレのイメージです。自国の通貨であるジンバブエドルが紙クズ同然になり、パンひとつ買うために持ちきれないほどの札束を抱える人々をニュースで見たことがあります。

実際、2009年には自国通貨を廃止して、アメリカドルなど9つの外貨を国内通貨として使用することに。とはいえ、ことはそんな簡単に解決するはずもなく、肝心の外貨が不足し、今現在も経済の混乱は続いている模様。

そんな背景から、ジンバブエの人々は“通貨”そのものに見切りをつけ、キャッシュレス化への動きが加速したようです。

仮想通貨取引所が
中央銀行に勝訴

その象徴ともいえるのが「Zapper」というQRコード決済用アプリの存在。

同国のテクノロジーメディア「TechZim」によると、今多くの経営者たちがこの「Zapper」を積極的に取り入れる動きがあるとのこと。日本でいえば「LINE Pay」のようなものでしょうか。なんせ、通貨の流通が滞っているジンバブエでは、銀行からお金を引き出すのにも上限が決められており一苦労。スマホ決済が当たり前になれば、生活はグッと楽になりそうですよね。

スマホ決済だけでなく、仮想通貨にも注目が集まっています。

すでにジンバブエ国内には、ビットコイン対応のATMが設置されているとか。さらに2018年中には「KuvaCash」というスタートアップが、仮想通貨を使ったスマホ決済を広めていく予定もあるそうです。

今年の5月中旬には、ジンバブエで最大の仮想通貨取引所「Golix」が、ジンバブエ中央銀行による仮想取引を禁止する命令を憲法違反であると訴訟を起こし、勝訴したなんてニュースも。完全に追い風ですね。

キャッシュレスや仮想通貨ってなにも先進国に限った話じゃなくて、世界中の人々の生活を変える可能性を持っているんですね。

あらためて思いました。

Top photo: © Ulrich Mueller/Shutterstock.com
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
世界初の触感センサー付きVRグローブとシューズ「Taclim」が、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に展示され注目されました。2017年秋頃に発売が予...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
ジンバブエのワンゲ国立公園周辺では、スポーツハンティングが合法的に行われていましたが、この度ライオンやヒョウ、象のハンティングが禁止となりました。英・メデ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
「Exo」は、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布です。1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り...