仮想通貨が基盤となる未来都市を建設。歌手「エイコン」がセネガルと合意

1月14日、R&BシンガーソングライターAKONが構想する未来都市の建設に関して、セネガル共和国の国営観光会社「SAPCO」が正式に承認をした。

この未来都市は「Akon City」と名付けられ、独自の仮想通貨「Akoin」によって、すべての取引がおこなえるようになる予定。

背景には、インフレ対策にも有効だといわれる仮想通貨を使用することで、アフリカの国々とそこに暮らす若者たちの成長を後押しする狙いがあるようだ。

すでにAKONはセネガルの大統領から土地を与えられており、10年以上の歳月をかけて「Akon City」を建設していくとのこと。

レディー・ガガをはじめ数々の有名アーティストの楽曲を手がけるコンポーザー/プロデューサーとして名を馳せ、世界的な慈善活動家としても知られるAKONが描く未来の都市とは、一体.....。その完成に注目したい。

Top image: © iStock.com/dem10
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事