海で拾ったガラスがお金に。湘南発の地域通貨「ビーチマネー」って?

「世界中のビーチをキレイにしたい」

そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけらを持参すれば、提携店舗にて割引を受けられる仕組みです。

「ビーチマネー」として
認定される条件は?

1efd756634ae71dad0c41681bd5083137fe629c2

もちろん、すべてのガラス片が「ビーチマネー」として受け取られるわけではありません。海岸の岩や石などによって砕け、長い時間自然の波や砂に揉まれ、きれいに角の取れた小片となり、曇りガラスのような風合いになったモノ=ビーチグラスであることが大前提。

979290d22155333e9c966b447e8b8eaf49b58065

その中で直径3cm以上、かつ握ったときに痛みを感じないほど丸みを帯びていれば、ビーチマネーとして認定。あとは、たとえば赤色なら200円相当といった具合に、色によって価値が与えられるというわけ。

Eb873d42e8ea2dd4a93c4774c27afd22e60e4e8d

キッカケは
些細な会話だった

73565e92db6bcbf1421c644358cb286668b661be

そもそも、「ビーチマネー」というユニークな概念が生まれたのは、2006年4月のこと──。

茅ヶ崎市に本社を置くエコ洗剤メーカー「がんこ本舗」の木村社長が、オフィスに立ち寄った人たちに「仕事に追われてる自分たちの代わりに、ビーチをキレイにしてきてよ」と何気なく頼んだのがはじまり。「ビーチグラスを拾ってきて。お礼に欲しい商品をおまけするから!」という古きよき時代のような気持ちの交換が発端だったのだそう。

ムーブメントは、
湘南から世界へ!

3349c2081eb9a7097b7f0e44f839cf9d9dd775c8

目指すべきゴールは、世界中のビーチからビーチグラスを含めた人工物をなくすこと。決して、ビーチマネーをたくさん使うことではありません。

ちなみにこの活動はいまや、14都府県+アメリカ(ハワイ)の計138店舗にまで拡大。「楽しみながら海をキレイにする」という姿勢が、ポジティブに受け止められている証拠ですよね。

あなたもぜひ、海のゴミ拾いをしながらビーチグラスを探してみては?

Licensed material used with permission by ビーチマネー事務局
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...