ビーチの「脇役たち」にスポットを当ててみました。

フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り、ミニチュアアートの世界を表現しました。

あの暖かさが恋しいっ。

ボゴタの砂浜を彩る人々

D1601d2091bb527f06c1abdb139b78b7986ee1e2

コロンビアの首都ボゴタ在住のフェリペ。地元カルタヘナのビーチを再現しているんだそう。リラックスした雰囲気の売り子さんたち。ビーチで働く彼らのフレンドリーさが伝わってきます。本物の現地の砂がミニチュアアートに使われていて、妙にリアル。

B77adc5c2a2bbe2b5182bf2674a6dd9f74d9fd5dE2357c077f11e488348bd2d40ca94c45fafe1e81244bbcfa5b59b95c54c66dc724dd457b7f08362e62fb14a10c2ec154e0290a41472cf2fbe9e87f77Ea8f79f4080c665bea421e769da6e37e09759dae3e5abd2131f7b5cac27838228f2387a5d01530821028499b4f32e1de0c857a9eb1e13e47d098fb0fD074de61163d228c2e9229c3ec6556bd9bef5834F60ebaffee3a49c6ad8afa69103e895d4baef27f

ビーチに癒される……。

432cf1ec8a273dc908f09bce50989614db9cff40

こんなのも、イイなあ。

Licensed material used with permission by Felipe Bedoya
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...