2018年に絶対訪れたい6つの「ビーチリゾート」

今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。

こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いみたい。

「Elite Daily」のライターAlani Vargasは、こんな冬には、雪や寒さを防ぐためのウールソックスやブーツを脱ぎ、裸足で砂浜を歩く時間を想像してしまうらしい。そんな彼女がオススメする6つのビーチリゾートを紹介しましょう。

#1
タヒチ
ボラボラ島

「太平洋の真珠」と呼ばれるボラボラ島は、フランス領ポリネシアにある島の中でもっとも美しいとされている。

ハワイの南に位置する島にはバンガローが並び、そこはシュノーケル天国。暖かい気候の中で、リラックスした滞在を楽しむことができる。

#2
メキシコ
プラヤ・デル・カルメン

多くの人がカンクンのビーチを訪れるけど、もう1つ忘れてはならないビーチがある。それは、プラヤ・デル・カルメン。今、人気急上昇中のこのビーチは、カンクンの南65kmほどの場所に位置する。

ここは、ビーチだけでなくハイセンスなレストラン・バーやナイトクラブが揃っている。カリブ海に浮かぶコスメル島にもフェリーで渡れる。

#3
タークス・カイコス諸島

タークス・カイコス諸島は、西インド諸島に属するターク諸島とカイコス諸島からなる。

バハマの南40kmに位置しており、40もの石灰岩でできた島々からなっている。その中の8つの島に人が定住しているとのこと。世界でも珍しい大きな珊瑚礁を透き通った海から眺めてみたり、フェリーで島巡りしたりして楽しもう。

#4
カリブ海
セントルシア

カリブ海に浮かぶこの島は、クルーザーツアーでの人気スポット。

水は澄んでいて、青く美しい海と白い砂とのコントラストといった楽園そのもの。また、ここには世界遺産の山があったり、温泉があったり、最高の景色に出会うことだできるはず。ほかのカリブ海の島と比べてユニークな魅力に溢れている。

#5
モルディブ

インド洋に浮かぶ、世界の楽園と名高いモルディブ。マリンスポーツやスパ、ヴィラで極上の時間を過ごせることは間違いなし。

ホテルでゆっくりと休日を過ごすのも、海で数々のマリンスポーツに興じるのも、どちらもあり。地上の楽園で、ビーチライフを心ゆくまで堪能したい。ここのウリは、基本的には1つの島に1つのホテルしかないこと。入念な下調べをすることをお忘れなく。

#6
ギリシャ
サントリーニ島

真っ白い建物に囲まれた島に1歩踏み込むと、まるで映画のワンシーンに紛れ込んだような気持ちになる。それが、サントリーニ島だ。エーゲ海に位置するこの島は、ギリシャで最も人気のある島ともいわれている。

島には、時間の止まったような空気が流れている。1日の終わりには、美しい夕日を眺めながらたっぷりと癒されて欲しい。

Licensed material used with permission by Elite Daily
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...