絶句するほど美しい、ヨーロッパ最高峰のビーチ12選

さあ、現実逃避の時間です。EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。
これらの楽園では、ぷかぷか海に浮かぶ、砂浜に寝転がる、ただ海辺を歩く──そのすべてが正解。今夏とは言わないまでも、いつかは訪れてみたいですね。

01.
Stiniva Beach
(クロアチア)

目の前に広がるのは、透き通った青。ここでの体験は、確実にかけがえのないものとなるでしょう。思いきり飛び込むのも、浮き輪を使って水の流れに身を任せるのも良し。言葉では伝え切れない、忘れられない思い出が蓄積される場所です。いい具合に日陰もあり、家族旅行や若者にオススメ。

02.
Tossa de mar
(スペイン)

この海岸は、ざっくり言ってしまえば崖、松林、洞窟、そしてビーチで構成されています。コスタブラバの南方は立派な歴史を持ち、地中海沿いにはアートやレジャーが集結。ジローナ県に位置するこの都市は、宿泊施設も豊富で食文化も豊か。絶品料理があなたを満足させてくれること間違いなし。

03.
The Concha
(スペイン)

サン・セバスティアンのビーチは夏に出かけたい行き先ナンバーワンと言っていいほど。どのビーチにもそれぞれの特徴がありますが、もっとも知名度の高いのが「The Concha」。若者、特にサーファーたちでいっぱいです。

04.
Berlanga Island
(ポルトガル)

心を静める場所を追い求める人にとって、ここはぴったりのビーチ。一度に最大350人程度しか入れない島だからこそ、忙しさに追いやられる日々とは対照的な体験ができるはずです。絶景を目の当たりにするべく散策してみて。

05.
Cala Acciarino 
(コルシカ島・フランス領)

ここに足を踏み入れ、透き通った自然に触れてみてください。細かな砂に、小さな入江。とにかくたくさん歩き、ゆったりとした雰囲気に身を任せながらダイビングを!

06.
Kavalikefta beach
(ギリシャ)

美しい風景に、美しい海はつきもの。青い海に真っ白い砂。絵に描いたような漁村。島を一周すれば、美しい自然とはどういうものなのかを自分の目で確かめられるはず。そこにあるのは、今までに見たことのない光景です。

07.
Armaçao de Pera Beach
(ポルトガル)

このきらびやかな最高級ビーチに飽きることなどあり得ません。見渡す限り青い海が広がり、黄金に光る崖がそれを囲う。さまざまな“色”を目にすることができ、静かな波音を聞きながら、いつまででもぷかぷか浮いていられます。

08.
Apela Beach
(ギリシャ)

新鮮な水が湧き出る山地としても知られているエリアで、松林やオリーブ、フルーツの木が生い茂っています。ギリシャ神話には、ウラヌスとガイアの間に生まれた子、ラペトスがここの最初の住民になったと記されているのだとか。

09.
Santa Maria Dell' Isola
(イタリア)

透き通った水と白い砂浜が、最高の安らぎを提供してくれます。さらに、もちろん海も素晴らしいのですが、教会や宮殿も見事。

10.
Ksamil beach
アルバニア)

4つの島から成るKsamil島では、アルバニアでナンバーワンの絶景が観れることを覚えていてください。ここへは、小さなボートでしか訪れることができません。島を囲む透き通った水が、この島に特別感を与えています。

11.
Kokkari Beach
(ギリシャ)

昔ながらの風景が未だに残る場所。例えば小さな家に、たくさんの花があるストリート。訪れるすべての人に充実した感覚を与えてくれるはずです。

12.
Zakynthos Island
(ギリシャ)

島の南東へ向かえば、青い海が広がるビーチに巡り会えます。一方、ゴツゴツとした崖が見たければ、島の西側がオススメ。

Licensed material used with permission by European Best Destinations
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...