一度見たら、しばらく「ノルウェー」のことが忘れられなくなる3分間の映像

「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかしたら自分が少しひねくれているのかもしれない。あるいは、そもそも人を感動させるような力を持つ大自然に出会っていないのかも。

でも、この映像を見終わったときには、確かに心を揺さぶられた感覚がありました。

改めて「自然の力」を
思い知らされる。

これは、ただひたすらにノルウェーの壮大な景観が映し出される作品『NORWAY』。映画製作に携わっているLila baghzouz氏が、友人8人と一緒にロードトリップをしながら撮影したものです。

彼女たちは首都・オスロを出発し、ベルゲン、そしてロフォーテン諸島へ

4K動画なので、スクリーンショットでもこの美しさ。

これでも十分に魅力的、とはいえ、やっぱり動画で見てもらいたいこの作品。もし実際にこの景色を見ることができたときには、悩みなんて本当に吹き飛んでしまうかも。

旅の様子は、Instagramに。

ちなみにロードトリップの様子は、彼女のInstagramアカウントで公開中。ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Lila Baghzouz, (Instagram)
andmore
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
世界中のいたるところで建築デザインを手がけている「Snøhetta(スノヘッタ)」が2018年11月12日に完成させたのは、漁業をする人たちのための施設「...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ノルウェーの壮大な自然を撮る、写真家のTomasz Furmanek氏。彼はフィヨルドや湖の絶景を、カヤックに乗りながら撮影しています。まるで鏡のように水...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...