ノルウェーの家族に学ぶ「ガラスドーム」の暖かい暮らし

アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。

自然に触れられるから?
美しい風景を眺め続けられるから?
食べ物が美味しいから?

ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2年ほどそのすべてを満喫できる暮らしをしているそうです。

エコハウスで、
自給自足の生活。

海が見える丘ある「ガラスドーム」。ここはノルウェーの北部です。

悪天候に対応できる透明な屋根は、採光してソーラーパネルからエネルギーを得るのに便利。太陽も浴びれて気持ちいいでしょうね。こういった家、北欧の話題としてよく目にするようになりました。

開放的な屋根裏部屋は、リラックスできる広場に。日中は海を眺めながらくつろぐのがいいんですって。

夜は、オーロラを眺めながら過ごせます。ロケーションがうらやましい!

屋内エコシステムで
「自給自足」

庭に水路を設置してあり、野菜が作れる環境に。

ここで取れるトマトは格別に美味しいのだそうな。

家の中も広々。

子どもたちと一緒に料理をして、

庭で取れた野菜を食べる。おいしそうですね。

使った下水は地下のコンテナに集められ、農業用の水として使い、最終的に家からは汚水を出さないように設計されているそうです。

10分ほどで見れる、ガラスドームハウスのドキュメンタリー。映像だけでも雰囲気はわかります。建築風景なども紹介されているので、アウトドアはもちろん、自給自足やエコハウスの実践例として参考になるかも。

Licensed material used with permission by Deadline Media
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...