引き込まれる映像美。真冬のノルウェーを舞台にしたスケートビデオ

これは、自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。

スケボーと言えば、街中を颯爽と駆け抜けたり、階段を使いトリックをしたりというイメージ。でも、フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんにはずっと夢があった。そして彼は4人のスケーターを集め、そのアイデアを伝えた。

凍ったビーチの上を滑ろう

56e06873f50f1f067dd6caf93da644e7fb9497ecA9750c92552a71e56963238747f9a673e042b473E309889ea7c580fab594be3b650983ad6d526f205dee9b91a2dd871d2e4c7a461c44387acf732293

登場するのは、ノルウェー出身の4人のプロスケーター。彼らがストリートで身につけたテクニックを大自然の中で発揮した姿は、とても美しい。

やっぱり難しい?

3b1ff389e35d1b09c571b9c73b671624c0a83a151e24f4db742fc792e79abc97746f85551c5a7bde

中には、NIKEと契約している実力者も。

そんなスケーターでも転んでしまうほど、凍ったビーチの上を滑るのは難しかった。それもそのはず、凍ったビーチはまさにスケートリンクそのもの。

この作品は、そんな状況の中で撮影された。

砂と水で自作した
「FROZEN SAND」

6c57a466af5e9705a561b1039766e9c4d5876ef5D1ef7293d9e5991304d17cb5de35de48507c47c1B05f4af9860d5b888b40d47753a0472ca461fedc3d5043935cd89c931f43ee21550d6d6636544dcb

ちなみにこのプロジェクト、制作側もたくさん努力をしていて、砂と水を混ぜ合わせ、凍らせることが最初の一歩に。

そして、その分量を目安とし、それを拡大させボードパークを作る。その表面を木を使って、平らにならす。やっとの思いで完成させた。

6c03bb22ce820685fbe30ac16e815228285e2946B2f55953d42b3257a824cd831fc5d95eb7f19b51

さらに、ボードパークを作るよりも厄介なこと。それは天候。

暖かすぎても砂浜が凍らないので滑れない。また、海が荒れたら、ビーチのコンディションが悪くなり滑れない。さらに、天候は操れない。

彼はこう言う。

「砂と水は、本来スケボーの敵なんだ。でも、それをうまく合わせて凍らせると、スケボーに最高のコンディションになる。もちろん天候も大事だから、ただ準備を万全にして、ベストなタイミングを待つしかないんだけどね」

約8分の動画があっという間に過ぎるくらい、その映像美に惹かれるはず。

ちなみに、制作の裏側にフォーカスした短い動画はこちら。

Licensed material used with permission by Turbin Film, Director: Jørn Ranum, DOP:Lukaz Zamaro, Producer:Anders Graham
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
ロケット素材には、軽量と耐久性の両方が求められる。なので、アルミニウム合金、チタン合金、ニッケル合金などが使われてきた。さらに、これらの金属素材に比較して...
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...