セグウェイ社の新作はローラースケート!?

セグウェイ社から新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。

一枚のプレートの上に両足を乗せるセグウェイとの大きな違いは左右が独立していること。見た目はローラースケートそのものです。

気になる乗り心地ですが、800もの特許をもとにしたセルフバランシングシステムを採用しており、上々のよう。

軽くて小さいからモバイル性も抜群。セグウェイよりも手軽に楽しめそう!

5929989639766016
Top image: © Segway Drift W1 e-Skates
60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
写真は、下着メーカーのコレクションではないんです。注目するのは彼女たちのヒップ。宇宙の星雲や流星をモチーフにしたタトゥーかなにか、でもないんです。とすると...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
あくまでシャレとして楽しめること前提だけど、このウィットの効き方は嫉妬レベル。だってまさか、あのキリスト降誕のシーンがこんなことになるなんて!?キリスト降...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。