「セグウェイ」、ゴーカートだしたってよ!

大人が本気で興奮できてしまう電動ゴーカートを、あのセグウェイのブランドが生みだした。

先月から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタートした「Ninebot Gokart PRO(ナインボット ゴーカート プロ)」。

最高出力4800W&最大トルク96Nmを発生するモーターを搭載し、最高速は37km/h。最大加速度1G越えで疾走感を体感可能!

©Longham Tech co.,ltd

注目は電動ゴーカート史上初というドリフトアシスト機能。スマートフォンのアプリから各リアタイヤに搭載したホイールハブモーターを調整することで、コーナリング時のドリフト具合やドリフトアシスト機能のON/OFFまで設定できる仕様だ。

それらを実現するのが、従来のセグウェイの十八番(おはこ)でもある電動2輪車の動力にある。2輪のセグウェイが前後左右への動き回るのを想像すれば、横回転するドリフトの調整ができるのも納得だろう。

©Longham Tech co.,ltd

さらに、工具による簡単な取り外しで、4輪走行のゴーカートとしてだけでなく「Ninebot S MAX」と呼ばれる形態での2輪走行でも遊べるようになっているのも驚き。

現在、日本での公道走行は禁止されており、私道やサーキット場での使用が求められるが、アシスト機能で誰でも簡単にできるプロ並みのドリフト体験は、ぜひ一度試してみたい。

©Longham Tech co.,ltd
©Longham Tech co.,ltd
© Segway / YouTube

Ninebot Gokart PRO
【サイズ】1422×850×600mm(全長×幅×高さ)
【本体重量】約51.2kg
【Makuakeプロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/gokart_pro/
【応援購入期間】~2021年3月29日(月)まで
※製品のお届け時期は21年5月頃を予定

Top image: © Longham Tech co.,ltd
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
子供用三輪車のタイヤをドリフトしやすくカスタム。峠の頂上から下って山道を爆走する動画がこちら。クルクル回転しまくり!「ドリフト・トライク」は、ニュージーラ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
人気シリーズ「マリオカート」のAR版として発表された「マリオカート ライブ ホームサーキット」が話題に。カメラを搭載した実際のラジコンと共に発売されるとい...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
2015年11月。レース会場となったのは、ブラックフライデーの翌日で大忙しの巨大モール「ウエストフィールド・ロンドン」。なんと、あの有名ゲームのキャラクタ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
人気ゲーム「マリオカート」の世界観をリアルな実写で再現したこの動画。おっと、いわゆるゲームの実写動画と侮ってほしくない。そこには、双子の兄マリオとのあまり...
「Loomo」は、人工知能やモーションセンサー、自律走行などを搭載しています。クラウドファンディングでは、約6,000万円を集める人気ぶりです。
「ナイキ」初となる完全ハンズフリーのシューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」が今日2月2日(火)に発表された。
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が、4月23日、電動キックボードのシェアリングサービスを開始した。
電動ドリルのような無骨なフォルムの電動マッサージ機が登場。
「USJ」に「任天堂」のキャラクターとその世界をテーマにした、世界初となるエリア「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年春に開業を決定。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
スタイリッシュなチェーンレス電動アシスト自転車「Honbike(ホンバイク)」が「Makuake」に登場。オリジナルカラー2色の先行販売を開始。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。