「セグウェイ」、ゴーカートだしたってよ!

大人が本気で興奮できてしまう電動ゴーカートを、あのセグウェイのブランドが生みだした。

先月から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタートした「Ninebot Gokart PRO(ナインボット ゴーカート プロ)」。

最高出力4800W&最大トルク96Nmを発生するモーターを搭載し、最高速は37km/h。最大加速度1G越えで疾走感を体感可能!

©Longham Tech co.,ltd

注目は電動ゴーカート史上初というドリフトアシスト機能。スマートフォンのアプリから各リアタイヤに搭載したホイールハブモーターを調整することで、コーナリング時のドリフト具合やドリフトアシスト機能のON/OFFまで設定できる仕様だ。

それらを実現するのが、従来のセグウェイの十八番(おはこ)でもある電動2輪車の動力にある。2輪のセグウェイが前後左右への動き回るのを想像すれば、横回転するドリフトの調整ができるのも納得だろう。

©Longham Tech co.,ltd

さらに、工具による簡単な取り外しで、4輪走行のゴーカートとしてだけでなく「Ninebot S MAX」と呼ばれる形態での2輪走行でも遊べるようになっているのも驚き。

現在、日本での公道走行は禁止されており、私道やサーキット場での使用が求められるが、アシスト機能で誰でも簡単にできるプロ並みのドリフト体験は、ぜひ一度試してみたい。

©Longham Tech co.,ltd
©Longham Tech co.,ltd
© Segway / YouTube

Ninebot Gokart PRO
【サイズ】1422×850×600mm(全長×幅×高さ)
【本体重量】約51.2kg
【Makuakeプロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/gokart_pro/
【応援購入期間】~2021年3月29日(月)まで
※製品のお届け時期は21年5月頃を予定

Top image: © Longham Tech co.,ltd
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...