ハンズフリーで乗れる電動スケボーの魅力は、分かる人にしか分からない。

「StarkBoard」が、クラウドファンディングで出資を募り、目標額(約200万円)を達成するのに要した時間は、たったの2時間3分。多くの人を虜にしたワケは、今までの電動スケボーにはない機能がついたからなんです。

アクセルとブレーキは
体重移動でコントロール

早速、乗り方の説明から。

普通の電動スケボーのように乗って、自分の重心を前にすれば、自然と走り始めます。また、ブレーキをかけたい場合は、重心を後ろへ。もう分かるかもしれないけど、体重移動によって、走行をコントロールできるそうです。要するに、セグウェイの仕組みだから、ハンズフリーで乗れるということ。

冒頭でふれた、今までにない機能とはこのシステムのことでした。

大きさは、いわゆるロングボードのサイズ。また、最高時速32kmとパワフルに走行ができるようです。スケボーの街乗り範囲をはるかに超えて、あらゆるところに行けるということ。個人的には、2〜3駅の距離だったら、自転車よりもこっちを使いたい。

StarkBoard」には、後方の人に注意を喚起するライトが付いているのだけど……。非常に残念なことに、日本の法律では、電動スケボーは原付などと同じ区分になるので、公道では使えなさそうです。とは言っても、いつかは乗ってみたいな〜。

Licensed material used with permission by Stark Mobility
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
ニューヨーク北部にある農場で暮らすJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼントし...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に! Reference:KickstarterSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。