ハンズフリーで乗れる電動スケボーの魅力は、分かる人にしか分からない。

「StarkBoard」が、クラウドファンディングで出資を募り、目標額(約200万円)を達成するのに要した時間は、たったの2時間3分。多くの人を虜にしたワケは、今までの電動スケボーにはない機能がついたからなんです。

アクセルとブレーキは
体重移動でコントロール

早速、乗り方の説明から。

普通の電動スケボーのように乗って、自分の重心を前にすれば、自然と走り始めます。また、ブレーキをかけたい場合は、重心を後ろへ。もう分かるかもしれないけど、体重移動によって、走行をコントロールできるそうです。要するに、セグウェイの仕組みだから、ハンズフリーで乗れるということ。

冒頭でふれた、今までにない機能とはこのシステムのことでした。

大きさは、いわゆるロングボードのサイズ。また、最高時速32kmとパワフルに走行ができるようです。スケボーの街乗り範囲をはるかに超えて、あらゆるところに行けるということ。個人的には、2〜3駅の距離だったら、自転車よりもこっちを使いたい。

StarkBoard」には、後方の人に注意を喚起するライトが付いているのだけど……。非常に残念なことに、日本の法律では、電動スケボーは原付などと同じ区分になるので、公道では使えなさそうです。とは言っても、いつかは乗ってみたいな〜。

Licensed material used with permission by Stark Mobility
蜘蛛みたいなルックスの「CYCLEAGLE」は、今、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「4輪駆動の電動スケボー」だ。
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...