SNSで噂になっている「ぶっ飛びスケボー少女」

ブラジルといえば、サンバ、カポエイラ、そして、サッカー。じつに、ブラジル人は足を使うことに長けている。まさにお家芸だよね。このスケボー少女もまた然り。少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。

彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のスケーターTony Hawkも絶賛しているんだとか。早くも、母国ブラジルでは次のスーパースターとも噂されているらしい。その実力を動画でチェックしていこう。

うん。確かにスゴイ。彼女は、すでにジュニアストリートのタイトルを多数獲得しているようだ。ブラジルのスケート界の女神となる日は近いかも。でも、ヘルメットやニーパッドやグローブなどプロテクターは必ず装着して欲しい。そこは、ホントに心配だな。長くスケート人生を楽しんでもらいたいからね。

Licensed material used with permission by Rayssa Leal
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
ニューヨーク北部にある農場で暮らすJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼントし...
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...
もう、タイトルの通りです。Sandro GiordanoさんのInstagramアカウントには、派手に転倒した様子をおさめた写真がたくさん投稿されています...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
「スケートと落花生へのアプローチは一緒」? 九十九里のスケーターたちが始めた『HAPPY NUTS DAY』に迫る。
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していた。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥリア...