NYで感じた「ちっちゃなびっくり」

NYを観光していた20代の女の子が、反射的に撮った1枚。

「全然なんてことない写真なんですけど、このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)。日本じゃありえないと思いません? こけたら大変じゃないですか〜。外国っぽいなーって思って、つい写真を撮りました」

びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。本当に些細だし、ほんの一瞬のことなんだけど、そういうことが案外忘れられなかったり。

Photo by Yuri
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
冷凍庫から出したカチカチの肉や魚を瞬時に解凍するプレート「HOUCY」。
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
視覚障害を抱えるスケーターJustin Bishopさんがトリックを決められるように、イノベーションラボ「Not Impossible Labs」とオンラ...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
蜘蛛みたいなルックスの「CYCLEAGLE」は、今、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「4輪駆動の電動スケボー」だ。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ニューヨークの日本人街であるイーストビレッジにお店を構える「mochii」は、大福の生地で包んだアイスを提供しています。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...