続きは図書館で。NYの地下鉄にバーチャルライブラリーが出現

車体全面を広告でデコレーションした、ラッピング車両というのがありますが、現在、ニューヨークの地下を走るこの車両は、ある別の目的でラッピングを施したもの。市民の交通の足をバーチャル図書館にしてしまおうという企画です。

借りに行かずとも本が読める

NY市内の3つの図書館とMTA(メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー)によるこの期間限定イベント。MTAが地下鉄内で提供している無料Wi-Fiに接続すると、すべての電子書籍が無料で読めるという仕組みで、数年前に広告を学ぶ学生たちのアイデアで始まったのだそう。

車内の壁面、ドア、イスにいたるまで、びっしり貼られたフィルムはすべて本棚を模したもの。まさに“走る図書館”。ご丁寧に木製のイスや天井の照明までプリントされていて、しっかり作り込まれているのがわかります。

ジャンルは、ラブストーリーからノンフィクション、ファンタジーなどなど。

それでも、どんなに面白い本だとしても、目的地に着いてしまえばそこまで。ということで、長編小説の場合は1駅、2駅でもライトに読みきれるよう、チャプター構成にしてある親切っぷり

だけど、本当に続きが気になる人たちの終着点は、やっぱり地上の図書館ですよね。

活字ばなれに一石を投じる
遠回りしたくなるアイデア

オンライン書店や電子書籍が普及したとはいえ、活字離れはここNYでも深刻な問題のようです。そうした現状を鑑みて、「WiFiが新しい地域に広まるのと同じように、本を読むことで自分の知識を広めて欲しい」と、NY州知事アンドリュー・クオモ。

あと一駅!なんてちょっと遠回りして目的地に向かう人が増えたりして。

Licensed material used with permission by The New York Public Library
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
電子書籍を利用している市民にとっては、嬉しいニュース。会員カードさえ持っていれば、誰でも書籍データをダウンロードして自由に読めるようになったそうです。もち...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
次の誰かへのバトンを保管してくれるブックシェルフは、「ストリートライブラリー」として、最近ブルガリア・ヴァルナにオープンした。黒海沿岸の街であることから、...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...