2年間の改修工事がついに終了。姿を現したニューヨーク公共図書館「薔薇の読書室」

佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこのニュース。一度でイイので、こんな荘厳な部屋で読書を楽しんでみたい!

投じられた額は約12億円

このたび、2年間の改修工事を終えたニューヨーク公共図書館「Rose Reading Room」、通称「薔薇の読書室」。その様子が公開され話題になっています。

工事に投じられた金額は約12億円。それまでの雰囲気を損なわず、美しい仕上がりになっていると評判です。もはや観光地と化している同図書館ですが、このリニューアルオープンで益々訪れる人が増えそうですね。

Licensed material used with permission by Max Touhey
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。