「5ドル分の延滞金を、1時間の読書でチャラにしてあげる!」

図書館の本の貸出期限、みなさんきちんと守っているでしょうか。読もうと思って借りたら、うっかり返すのを忘れていた!

という経験がある人も多いと思います。

日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。

Los Angeles Times』で紹介されたLAの図書館では、その滞納金を「読書時間」で帳消しにする精度を導入し、話題になっています。

 1時間の読書で
5ドル分の滞納金を帳消し

5477664185909248

この帳消し制度が適応されるのは、21歳以下の図書館利用者。
図書館側はこれを「読書推進施策」とし、図書館で1時間読書をすることで滞納金のうち5ドル(約550円)が帳消しされます。

わずかな金額ではありますが、子どもや学生にとってはちょっと痛い。ちりも積もれば山となるもの。これが本を読むことで消えるとなると、結構大きいですよね。

East Los Angeles Libraryでは、週に100人もの学生がこの制度を利用しています。

コンピューターゲームで遊ぶのが何よりも好きで、調べ物をするにもインターネットを利用する小学生が、この制度をきっかけに、熱心な読書家になったという声も。

前提として、あまり本を読む習慣が定着していなかったのが、一番子どもたちを図書館に行く足取りを重くさせていたのでしょう。一度楽しさを知った時の、子どもたちの意欲といったらすごいですよね。

ブロックされていた
3,500件のアカウントが復活

この施策は去年開始され、既に大きな成果を見せています。

ロサンゼルスの図書館管理者であるDarcy Hastings氏は、これまで10ドル以上の滞納金を抱えて自動的にブロックされていた3500件のアカウントがこの施策によって復活したと発表しています。

一般的に、若い人は滞納金が発生してもそれを支払わず、そのままブロックされて図書館を使用しなくなる傾向にありました。滞納金の発生は、子供が学びのために図書館を利用することをやめさせてしまう大きな原因だったのです。

滞納金を「読書をすること」で補うという施策は、パソコンやスマートフォンで簡単に情報が入手できる時代において、子どもや学生に、もう一度読書の習慣を根付かせる効果的な制度だと思いませんか?

メリットだらけ、です。
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...