読書時間を80%カットできる「超速読アプリ」が斬新すぎる・・・

にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。

「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その機能の秘密は眼球運動にあるようです。

まずは下の動画を再生してみましょう。

眼球を動かさなければ
速読が可能に!?

WEBサイトにある説明によれば、人間が文章を読む時間のうちのおおよそ8割が「文字を探して追う」という眼球運動に費やされているそう。

そこで、視点を動かさずに単語をひとつずつ順番に点滅表示して読めるようにしたのがこの機能です。が、それだけではありません。

人間の眼は単語を認識するために単語内のあるポジションに焦点を当てるそう。そのポイントを表しているのが赤くなった文字の部分です。
つまり、表示される単語の位置バランスを赤い文字を基準に一定に揃えることで意味の認識をスムーズにする役割があるのだとか。

スマートウォッチとの
相性が良いかも?

この速読機能は、iOSなら「Boba」という無料アプリで、ブラウザならJavaScriptをブックマークして起動するだけで使えます(Androidでも幾つか無料アプリが利用できます)。

スピード調整が可能で、1,000wphで読むと1,000ページの本が10時間で読める計算に。

残念ながら日本語には対応していないようですが、表示範囲の狭いスマートウォッチなどで英文記事を閲覧するときには便利かもしれませんね。試してみては?


Licensed material used with permission by Sprits
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
メリットだらけ、です。
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...