読書時間を80%カットできる「超速読アプリ」が斬新すぎる・・・

にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。

「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その機能の秘密は眼球運動にあるようです。

まずは下の動画を再生してみましょう。

眼球を動かさなければ
速読が可能に!?

ホームページにある説明によれば、人間が文章を読む時間のうちのおおよそ8割が「文字を探して追う」という眼球運動に費やされているそう。

そこで、視点を動かさずに単語をひとつずつ順番に点滅表示して読めるようにしたのがこの機能です。が、それだけではありません。

人間の眼は単語を認識するために単語内のあるポジションに焦点を当てるそう。そのポイントを表しているのが赤くなった文字の部分です。
つまり、表示される単語の位置バランスを赤い文字を基準に一定に揃えることで意味の認識をスムーズにする役割があるのだとか。

スマートウォッチとの
相性が良いかも?

0c0a3808af5499c0977247bf412f076308c083c5

この速読機能は、iOSなら「Boba」という無料アプリで、ブラウザならJavaScriptをブックマークして起動するだけで使えます(Androidでも幾つか無料アプリが利用できます)。

スピード調整が可能で、1,000wphで読むと1,000ページの本が10時間で読める計算に。

残念ながら日本語には対応していないようですが、表示範囲の狭いスマートウォッチなどで英文記事を閲覧するときには便利かもしれませんね。試してみては?


Licensed material used with permission by Sprits
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
メリットだらけ、です。
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組み。...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。