ARで自宅にアーティストを招く音楽アプリ。

僕も愛用していますがカフェでアプリを使っていると、スマホを覗き込まれて「それ、なんですか?」って聞かれます。そこから会話になることもしばしば。

「広告」はないし、シンプルなステップですぐ聞けるのも使い続けられる理由。誰もが知っている有名なアーティストはいないけれど、インディーズを発掘していく楽しみがあります。

いつでもどこでもスマホさえあれば、AR(拡張現実)でアーティストのライブが見れるアプリの紹介です。

ダウンロードしたらすぐ聞ける

アプリをダウンロード後、まずはHIP-HOP、ROCK、POPSなどのカテゴリーからアーティストを選択。公開されているライブをタップすると、カメラ画面に切り替わります。映し出したい場所にスマホを向け、ロゴマークを「長押し」するとアーティストがARとして現れる仕組み。
47c725e5be8e91dad599efaf9fd60abb4e608b1a

映し出されるアーティストの「大きさ」を変えることができるので、

Feaedc06ef91c9565442cf8b4b0abd40ca378d38

等身大の大きさにすることもできるし、

B11055e527634429452e1314275e7f5081623002

洗車中なら、車内のダッシュボードでオンステージ。スクリーンショットを撮れる機能もあり、もし気に入ったらライブのチケットも買えるという仕様。

使われている「KudanAR」というAR技術は、なんでも日本人がイギリスで創業した会社が開発したものだとか。条件はあるものの、Githubというサイトで公開されており、無料で使えるそうです。

新しいファン獲得のため、
アーティストがアプリ制作

彼らのWEBサイトの冒頭にこんなメッセージがありました。

このアプリで一番大切なことは、アーティストがアーティストのために作ったということ。それぞれのバンドが世界中で新しいファンを見つけられるように、かつしっかりとお金も稼げるように。

テクノロジーは僕らの友達だけれども、それが究極の目的じゃない。Firstageは、より多くのライブをして、より多くのファンたちに出会い、より多くのお金を稼ぐための手段をアーティストに提供するという哲学がコアにあるんだ。

アプリはiOSAndroidともに対応しています。ダウンロードを迷っているなら、まずは動画をチェック。

日本のアーティストともコラボしたい!とのことで、興味のある方はこちらから。

Licensed material used with permission by Firstage
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...