ARで自宅にアーティストを招く音楽アプリ。

僕も愛用していますがカフェでアプリを使っていると、スマホを覗き込まれて「それ、なんですか?」って聞かれます。そこから会話になることもしばしば。

「広告」はないし、シンプルなステップですぐ聞けるのも使い続けられる理由。誰もが知っている有名なアーティストはいないけれど、インディーズを発掘していく楽しみがあります。

いつでもどこでもスマホさえあれば、AR(拡張現実)でアーティストのライブが見れるアプリの紹介です。

ダウンロードしたらすぐ聞ける

アプリをダウンロード後、まずはHIP-HOP、ROCK、POPSなどのカテゴリーからアーティストを選択。公開されているライブをタップすると、カメラ画面に切り替わります。映し出したい場所にスマホを向け、ロゴマークを「長押し」するとアーティストがARとして現れる仕組み。

映し出されるアーティストの「大きさ」を変えることができるので、

等身大の大きさにすることもできるし、

洗車中なら、車内のダッシュボードでオンステージ。スクリーンショットを撮れる機能もあり、もし気に入ったらライブのチケットも買えるという仕様。

使われている「KudanAR」というAR技術は、なんでも日本人がイギリスで創業した会社が開発したものだとか。条件はあるものの、Githubというサイトで公開されており、無料で使えるそうです。

新しいファン獲得のため、
アーティストがアプリ制作

彼らのWEBサイトの冒頭にこんなメッセージがありました。

このアプリで一番大切なことは、アーティストがアーティストのために作ったということ。それぞれのバンドが世界中で新しいファンを見つけられるように、かつしっかりとお金も稼げるように。

テクノロジーは僕らの友達だけれども、それが究極の目的じゃない。Firstageは、より多くのライブをして、より多くのファンたちに出会い、より多くのお金を稼ぐための手段をアーティストに提供するという哲学がコアにあるんだ。

アプリはiOSAndroidともに対応しています。ダウンロードを迷っているなら、まずは動画をチェック。

日本のアーティストともコラボしたい!とのことで、興味のある方はこちらから。

Licensed material used with permission by Firstage
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...