指先でなぞるだけで簡単に「音が作れる」アプリ【なにこれ、やってみたい!】

もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的な知識なんかなくたって、音が生まれるってホント楽しい!

直感的に「音」を楽しめる
なぞるだけの音楽アプリ

画面の上を指でなぞって曲線を描くだけで、それが音になる。「SoundBow」は指を使った新感覚の音楽アプリです。指の動きに合わせて音色がループ状に連続再生されていくというもの。シンプルで美しいビジュアルインターフェイスもGOOD!

まずは、画面上の動きを見てみましょう。
指でなぞった曲線の後を追っかけるように、音が奏でられていきます。

この縦に配されたラインの一つひとつが、弦楽器でいうところのストリングス(弦)の役割。上下に配された円の穴の大きさは音程を表しています。つまり、指でなぞる位置や方向によって音階がさまざまに変化し、同時に複数の曲線を描いてハーモニーを生み出すことだって可能な優れものなのです。

ピッチは伸縮も移動も自在

まだまだこんな楽しみ方も。各ストリングスをピンチして移動させ重ね合わせる。いったいどんな音ができあがるんでしょうね。

これまで、ある程度の専門知識がなければ楽曲編集はできない、と思われていた人たちでも「Sound Bow」なら指先だけで、好きなトーンを自在に“いじくる”ことができる。音を楽しむキッカケづくりにはもってこいでしょ?

好きな音を録音して
アプリ内に取り込める

さらには、デバイスに内蔵されたマイクを通して、好きな音を録音することも。たとえばグラスを叩いて「チーン」、拍手や手拍子、自分の声だってOKです。

複数組み合わせて
同時に奏でることも

こうして集めた音を、それぞれ編集感覚で画面をなぞって落とし込み、サウンドを複合的に重ねて楽しむ。もはや、どんな音色になるかは、やってみないと分かりません。是非、動画でその独特の音色を聴いてみてください!

ギターやベース、シンセサイザーを使って音楽を奏でる人たちは、楽曲を録音したり編集したりしながら楽しむことができるでしょう。でも、楽器に触れたことがなくたって、「Sound Bow」ならだれでもオリジナルのサウンドが、こんなにも簡単にできてしまう。楽器のできる友だちと集まっても、ひとり足でリズムをとったり、膝の上を手で叩くだけの、バツの悪い時間を過ごすことはもうないかも。

Licensed material used with permission by Binaura
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。これは、ノラ・ジョーンズを発掘した...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。