タップするだけで「人物をコピペ」できる「AR動画アプリ」が登場!

タイムマシンARカメラアプリ「Yesterscape(イエスタースケープ)」で一躍注目を集めたアプリ開発企業「QOOQ,inc.(株式会社 クオーク)」が、今度はAR動画アプリをリリース。

「ARで簡単に楽しい動画を作る」がコンセプトの「Ys2 Ver2.0」だ。

気になるその機能は、動画の撮影中に画面をタップするだけで被写体単体を切り抜きのようにコピペでき、最終的には、多数の分身がいるような作品ができあがるというもの。

これまでは複数のアプリや複雑な編集機能を駆使しないと作れなかったプロ並みのクオリティに、アマチュアでも簡単に到達できるようになったわけだ。

TikTokのブームは相も変わらず、最近ではInstagramミュージックが話題になるなど、ますます広がる自己表現の可能性──。その勢いはとどまるところを知らない。

© QOOQ,inc/YouTube
Top image: © QOOQ,inc
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
業務用家具メーカー「アダル」が、100%国産の天然い草によるサステイナブルな家具「Look into Nature 」シリーズに新たな3モデルを追加。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
「コカ・コーラ」の自販機で、キンキンに冷えた「冷感マスク」が購入可能に。販売されるマスクは、抗菌、吸湿速乾、消臭、遠赤外線放出、UVカットなどの機能を備え...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
「Winetales」というアプリは、エチケットに載せられる情報を拡張することができます。AR技術を駆使して、エチケットをスキャンしたら画像や動画が表示さ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
音響機器メーカー「BOSE」がスターウォーズシリーズ最終章である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のDVD・Blue-rayの発売を記念して、...
全世界のウンカー(うんこを出す人々)に、うんこを通じた新しい体験を提供する「うんこミュージアムYOKOHAMA」。8月1日からは、絵が動くARアプリ「pi...
1883年に完成し、アメリカで最も古い吊り橋の1つでもブルックリン橋。NY拠点のデザイン事務所「nooyoon design」は、ブルックリン橋の新たなリ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「Bye Bye Camera(バイ バイ カメラ)」というカメラアプリの編集機能が面白い。このアプリで撮影すると、写った人を自動的に“削除”できる。名称...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
世界中にファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別号を刊行した。インスタグラムを通して体験で...