古代「出雲大社」にタイムトラベル!「AR・VR」で擬似体験

縁結びで知られる「出雲大社」。平安時代には、本殿の高さが現在(約24m)の2倍の16丈(約48m)もあったそう。

その古(いにしえ)の姿をAP(拡張現実)やVR(仮想現実)で楽しむことができる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリ「ストリートミュージアム」にて、今月から公開されている。

©製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式

スマートフォンなどの端末の位置情報と連動して、その場所ならではの現存しない史跡をVRで再現する同アプリ。

この特徴を利用して、AR体験できるのは「東神苑」だ。目の前に巨大な高層神殿が出現。真下から見上げてその迫力を体感したり、階段を上がる神職の姿を確認したりとさまざまな角度から楽しめる。

また、VRコンテンツでは「西神苑」で高層神殿の上から夕暮れの景色を眺めれらるなど、現代では味わえないタイムトラベルしたような体験がそこにある。

日本語のほか英語中国語フランス語にも対応。世界の人々にも「出雲大社」の本来の魅力を知ってもらえるだろう。出雲路の旅に新たな楽しみが加わった。

©製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式
© 出雲市YouTube公式チャンネル / YouTube

『古代出雲大社高層神殿AR・VR』
【制作統括・演出】山陰中央テレビ
【アプリ提供】凸版印刷
【アプリ】体験型VR観光アプリ「ストリートミュージアム」
・iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id1151091144?mt=8
・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toppan.streetmuseum.android
※iOS 11以降、Android OS 5.0以降に対応、一部機種では正常に作動しないことがあります

Top image: © 製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
タイムマシンARカメラアプリ「Yesterscape(イエスタースケープ)」で一躍注目を集めたアプリ開発企業「QOOQ,inc.(株式会社 クオーク)」が...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。