古代「出雲大社」にタイムトラベル!「AR・VR」で擬似体験

縁結びで知られる「出雲大社」。平安時代には、本殿の高さが現在(約24m)の2倍の16丈(約48m)もあったそう。

その古(いにしえ)の姿をAP(拡張現実)やVR(仮想現実)で楽しむことができる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリ「ストリートミュージアム」にて、今月から公開されている。

©製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式

スマートフォンなどの端末の位置情報と連動して、その場所ならではの現存しない史跡をVRで再現する同アプリ。

この特徴を利用して、AR体験できるのは「東神苑」だ。目の前に巨大な高層神殿が出現。真下から見上げてその迫力を体感したり、階段を上がる神職の姿を確認したりとさまざまな角度から楽しめる。

また、VRコンテンツでは「西神苑」で高層神殿の上から夕暮れの景色を眺めれらるなど、現代では味わえないタイムトラベルしたような体験がそこにある。

日本語のほか英語中国語フランス語にも対応。世界の人々にも「出雲大社」の本来の魅力を知ってもらえるだろう。出雲路の旅に新たな楽しみが加わった。

©製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式
© 出雲市YouTube公式チャンネル / YouTube

『古代出雲大社高層神殿AR・VR』
【制作統括・演出】山陰中央テレビ
【アプリ提供】凸版印刷
【アプリ】体験型VR観光アプリ「ストリートミュージアム」
・iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id1151091144?mt=8
・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toppan.streetmuseum.android
※iOS 11以降、Android OS 5.0以降に対応、一部機種では正常に作動しないことがあります

Top image: © 製作・著作:出雲市 制作:凸版印刷株式
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観れる!
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
VR(仮想現実)を使ったユニークなカウンセリング方法と実験結果が話題になっている。自分そっくりのアバターとフロイトに扮したアバターの2つを往き来しながらお...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
タイムマシンARカメラアプリ「Yesterscape(イエスタースケープ)」で一躍注目を集めたアプリ開発企業「QOOQ,inc.(株式会社 クオーク)」が...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...