VRで立体創作できるツール「Tilt Brush」がスゴイ。5月は体験展示があるよ!

2016年5月3日にGoogleが公開した下の動画は、ヘッドマウントディスプレイを装着して、VR空間に自由に絵を描くためのツールを説明したもの。その内容に感動を覚えたという人も少なくないでしょう。まるで魔法のようなのです。

え、まだ見たことがない?コレコレ!

立体構造を自由自在に描ける!

よく見ると、火山口から舞い上がる火の粉が。どうやら動画効果まで反映できる模様。

具体的には、左右の手に持ったコントローラーが、それぞれパレットとブラシの役割を担います。

部屋をキャンバスに、
イメージ通りの空間を再現。

本気で創作活動に没頭したい人にとっては魅力的な体験でしょう。自分の足で歩きながら、あらゆる角度から造形物をチェックできます。このデバイスさえあればアトリエが手に入ったも同然。CGとは言え、どこにいても自分が描いた世界に立てるのですから。

使用しているのは、ヘッドマウントディスプレイとコントローラーなどのセット「HTC Vive」と、「Steam」で販売されているペイントソフト「Tilt Brush」。前者は1,069ドル(送料込・約11万5,000円)で購入でき、後者は2,980円でダウンロード可能です。

京都で体験できる!

Tilt Brush」のwebサイトでは、実際に操作しているユーザーの視点で創作する様子を確認できます。これが思わず「おお〜っ」と声が出てしまうほど魅力的。とは言え、まだまだ普及はこれからといった段階の最新技術ですから、イキナリ購入するにはハードルがあるのも事実でしょう。

どうにか触れるチャンスはないものかーー。そうモヤモヤしている人は、2016年5月9日〜21日までの間、京都にあるコワーキングスペース「MTRL KYOTO」で開催されている体験展示に行ってみましょう。同展示は「KYOTO VR」と共同で企画されたもの。開発キット「HTC Vive」と、デバイスをパワフルに稼働できる最高スペックのPCが準備されているとのこと。最先端の創作体験に触れられるとあらば、ちょっと遠方でも気になります。

webサイトによれば、気になるスペースの利用料金は500円から。特別に事前予約したり、追加料金を支払う必要はありません。チェックしてみてね!

画像・動画提供:MTRL KYOTO official website
Licensed material used with permission by Google

関連する記事

世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
クラフト作家のリアルでの活動の場が減少したこと、個人で運用しているECサービスへの集客は、情報の拡散が難しいという課題を解決するバーチャル展示会「VR作家...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
「京都タワー」の最頂部、120.9メートルからのVRバンジージャンプ体験イベント。2月1日〜3月31日までの期間限定開催。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
世界で話題のVRアートアニメーションが日本でも観れる!

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...