VRで立体創作できるツール「Tilt Brush」がスゴイ。5月は体験展示があるよ!

2016年5月3日にGoogleが公開した下の動画は、ヘッドマウントディスプレイを装着して、VR空間に自由に絵を描くためのツールを説明したもの。その内容に感動を覚えたという人も少なくないでしょう。まるで魔法のようなのです。

え、まだ見たことがない?コレコレ!

立体構造を自由自在に描ける!

04dc9cebf6a2309141999296714b204e3b5d9767

よく見ると、火山口から舞い上がる火の粉が。どうやら動画効果まで反映できる模様。

4834d7a8c3fc581a408607230754a055b77ffdb2

具体的には、左右の手に持ったコントローラーが、それぞれパレットとブラシの役割を担います。

部屋をキャンバスに、
イメージ通りの空間を再現。

3327c203ae8a4010fa5048c3cdfef8d2c7db4527Db6e33708d636eb69ab3281b87cc7262401a8f55

本気で創作活動に没頭したい人にとっては魅力的な体験でしょう。自分の足で歩きながら、あらゆる角度から造形物をチェックできます。このデバイスさえあればアトリエが手に入ったも同然。CGとは言え、どこにいても自分が描いた世界に立てるのですから。

使用しているのは、ヘッドマウントディスプレイとコントローラーなどのセット「HTC Vive」と、「Steam」で販売されているペイントソフト「Tilt Brush」。前者は1,069ドル(送料込・約11万5,000円)で購入でき、後者は2,980円でダウンロード可能です。

京都で体験できる!

38944f711ebf50cc487f3111f387bc2301ce393722967958d8e205734c1b9e2e072782439fe04b40

Tilt Brush」のwebサイトでは、実際に操作しているユーザーの視点で創作する様子を確認できます。これが思わず「おお〜っ」と声が出てしまうほど魅力的。とは言え、まだまだ普及はこれからといった段階の最新技術ですから、イキナリ購入するにはハードルがあるのも事実でしょう。

どうにか触れるチャンスはないものかーー。そうモヤモヤしている人は、2016年5月9日〜21日までの間、京都にあるコワーキングスペース「MTRL KYOTO」で開催されている体験展示に行ってみましょう。同展示は「KYOTO VR」と共同で企画されたもの。開発キット「HTC Vive」と、デバイスをパワフルに稼働できる最高スペックのPCが準備されているとのこと。最先端の創作体験に触れられるとあらば、ちょっと遠方でも気になります。

webサイトによれば、気になるスペースの利用料金は500円から。特別に事前予約したり、追加料金を支払う必要はありません。チェックしてみてね!

画像・動画提供:MTRL KYOTO official website
Licensed material used with permission by Google
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
Angela Buckinghamさんは。仮想領域における行動が、現実世界の領域に流出する危険性は大いにある。さらに、どれほど影響を及ぼすのか正確な予測が...
2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
ときにはちょっと危なっかしい場面も。でも、大興奮のバトルの様子には思わず笑みがこぼれてしまいます。ぜひ、動画見てみて!81歳の誕生日に、集まった家族がVR...