家にいながら世界一周。「Google Earth VR」が配信開始。

あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。

動画を見るだけで
ワクワクが止まらない

こちらが、同サービスのコンセプトムービー。ヘッドセットを装着した女性の前に青い地球が現れ、世界中を旅していきます。この動画を見るだけですでにワクワク。

これまでの「Google Earth」のように、実際にその街へ行ったかのような体験を、よりリアリテイを伴って楽しめる。これはパッと思いつく特徴ですね。

ただし、もっとも強調するべきは、普段では絶対に楽しめない視点で世界を見渡すことができる点。まるで鳥になったかのように、上空からの景色を堪能できます。

文字だけではなかなか分かりづらいかもしれませんが、公式HPをチェックすれば感覚を理解してもらえるはず。用意されたコンテンツでは、シアトルのスペースニードルやローマのコロッセオ、フィレンツェの大聖堂といった街中だけでなく、

アリゾナ州フーバーダムやマッターホルンといった場所が紹介されており、視点を自由に変更することができます。ヘッドセットがあればこうした世界をVRで楽しめるというわけ。これは一度体験してみたいですね。

現時点では、HTC Viveにのみ対応している「Google Earth VR」。他のプラットフォームへの対応は来年を予定しているそう。なかなか長期の休みが取れないという人でも、家にいながらにして海外旅行気分が味わえる時代になりました。

Licensed material used with permission by Google

関連する記事

世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
Googleが提供しているオンラインでの美術鑑賞サイト「Google Arts&Culture」。「MoMA」や「オルセー美術館」などを含んだ世界各国にあ...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...