家にいながら世界一周。「Google Earth VR」が配信開始。

あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。

動画を見るだけで
ワクワクが止まらない

こちらが、同サービスのコンセプトムービー。ヘッドセットを装着した女性の前に青い地球が現れ、世界中を旅していきます。この動画を見るだけですでにワクワク。

これまでの「Google Earth」のように、実際にその街へ行ったかのような体験を、よりリアリテイを伴って楽しめる。これはパッと思いつく特徴ですね。

ただし、もっとも強調するべきは、普段では絶対に楽しめない視点で世界を見渡すことができる点。まるで鳥になったかのように、上空からの景色を堪能できます。

文字だけではなかなか分かりづらいかもしれませんが、公式HPをチェックすれば感覚を理解してもらえるはず。用意されたコンテンツでは、シアトルのスペースニードルやローマのコロッセオ、フィレンツェの大聖堂といった街中だけでなく、

アリゾナ州フーバーダムやマッターホルンといった場所が紹介されており、視点を自由に変更することができます。ヘッドセットがあればこうした世界をVRで楽しめるというわけ。これは一度体験してみたいですね。

現時点では、HTC Viveにのみ対応している「Google Earth VR」。他のプラットフォームへの対応は来年を予定しているそう。なかなか長期の休みが取れないという人でも、家にいながらにして海外旅行気分が味わえる時代になりました。

Licensed material used with permission by Google
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
VRで遊んでる人を、横で見たことありますか?「わー!きゃー!」とか言って、とても楽しそうですよね。大自然のなかに飛び込んだり、本当に目の前にゾンビがいるよ...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
VR(仮想現実)を使ったユニークなカウンセリング方法と実験結果が話題になっている。自分そっくりのアバターとフロイトに扮したアバターの2つを往き来しながらお...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
ダークツーリズムの筆頭であるチェルノブイリ。しかし、私たち日本人がこの場所を訪れるには、ややハードルが高い印象がある。それならば、この『Chernobyl...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
Angela Buckinghamさんは。仮想領域における行動が、現実世界の領域に流出する危険性は大いにある。さらに、どれほど影響を及ぼすのか正確な予測が...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。