家にいながら世界一周。「Google Earth VR」が配信開始。

あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。

動画を見るだけで
ワクワクが止まらない

こちらが、同サービスのコンセプトムービー。ヘッドセットを装着した女性の前に青い地球が現れ、世界中を旅していきます。この動画を見るだけですでにワクワク。

これまでの「Google Earth」のように、実際にその街へ行ったかのような体験を、よりリアリテイを伴って楽しめる。これはパッと思いつく特徴ですね。

ただし、もっとも強調するべきは、普段では絶対に楽しめない視点で世界を見渡すことができる点。まるで鳥になったかのように、上空からの景色を堪能できます。

文字だけではなかなか分かりづらいかもしれませんが、公式HPをチェックすれば感覚を理解してもらえるはず。用意されたコンテンツでは、シアトルのスペースニードルやローマのコロッセオ、フィレンツェの大聖堂といった街中だけでなく、

アリゾナ州フーバーダムやマッターホルンといった場所が紹介されており、視点を自由に変更することができます。ヘッドセットがあればこうした世界をVRで楽しめるというわけ。これは一度体験してみたいですね。

現時点では、HTC Viveにのみ対応している「Google Earth VR」。他のプラットフォームへの対応は来年を予定しているそう。なかなか長期の休みが取れないという人でも、家にいながらにして海外旅行気分が味わえる時代になりました。

Licensed material used with permission by Google