「Microsoft HoloLens」がついに日本上陸。年内にプレオーダーを開始。

2015年1月に行われた、米Microsoftのプレス向けイベント。「HoloLens」は、この場で披露され大きな反響を呼んだHMD(ヘッドマウントディスプレイ)だ。

それから約2年が経過しようという2016年11月1日。ついに、同ガジェットが日本に上陸することが明らかに。開発者および法人向けへの提供となり、年内にはプレオーダーを開始する予定となっている。

とにかく、動画を要チェック

この「HoloLens」を使うとどういったことが可能なのか。これから説明していくが、可能であればぜひとも上の動画をチェックしてほしい。文字だけで読むよりも、映像として見てもらったほうが、驚きの未来がやってくることが直感的に理解してもらえるはずだから。

昨今では、ARやVRといったワードは広く知れ渡っていると言っていい。しかし、「HoloLens」が目指しているのは、それらよりも進んだ概念「MR(Mixed Reality:複合現実)」の実現だ。ここに、従来とは異なる新たな面白みがある。

もう少し噛み砕いて説明すると、MRとは、上の写真のように現実と3Dホログラムの世界とを融合させたもの。VR体験時に装着するようなものと違って、HMDが半透明。これまでのように完全に視界を奪われてVRの世界に没入するのではなく、うまく現実とのバランスを保ち、融合させるというわけ。

「世界の見え方を変えれば、
目の前の世界は変わる」

仕事を視覚化することで働き方自体が変わる。たとえば、設計士などは顕著だろう。

ちょっとしたトラブル発生時の対処も簡単に。

ゲームプレイ時には、かつてない興奮を味わえそう。

「世界の見え方を変えれば、目の前の世界は変わる」

同社がそんなテーマを掲げて、日本に送り込む「HoloLens」。詳細は随時発表予定だそうだが、アメリカでの販売価格は、開発者向けキットが3,000ドル(約31万円)で法人向けキットが5,000ドル(約51万6,000円)となっている。

Licensed material used with permission by 日本マイクロソフト株式会社
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
旅先や自宅でリラックスする時間などに使用できる「MovieMask」。解像度がVRの4倍もあるパノラマの世界が目の前に広がるらしい。眼鏡をかけたままでも、...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...