「Microsoft HoloLens」がついに日本上陸。年内にプレオーダーを開始。

2015年1月に行われた、米Microsoftのプレス向けイベント。「HoloLens」は、この場で披露され大きな反響を呼んだHMD(ヘッドマウントディスプレイ)だ。

それから約2年が経過しようという2016年11月1日。ついに、同ガジェットが日本に上陸することが明らかに。開発者および法人向けへの提供となり、年内にはプレオーダーを開始する予定となっている。

とにかく、動画を要チェック

この「HoloLens」を使うとどういったことが可能なのか。これから説明していくが、可能であればぜひとも上の動画をチェックしてほしい。文字だけで読むよりも、映像として見てもらったほうが、驚きの未来がやってくることが直感的に理解してもらえるはずだから。

昨今では、ARやVRといったワードは広く知れ渡っていると言っていい。しかし、「HoloLens」が目指しているのは、それらよりも進んだ概念「MR(Mixed Reality:複合現実)」の実現だ。ここに、従来とは異なる新たな面白みがある。

もう少し噛み砕いて説明すると、MRとは、上の写真のように現実と3Dホログラムの世界とを融合させたもの。VR体験時に装着するようなものと違って、HMDが半透明。これまでのように完全に視界を奪われてVRの世界に没入するのではなく、うまく現実とのバランスを保ち、融合させるというわけ。

「世界の見え方を変えれば、
目の前の世界は変わる」

仕事を視覚化することで働き方自体が変わる。たとえば、設計士などは顕著だろう。

ちょっとしたトラブル発生時の対処も簡単に。

ゲームプレイ時には、かつてない興奮を味わえそう。

「世界の見え方を変えれば、目の前の世界は変わる」

同社がそんなテーマを掲げて、日本に送り込む「HoloLens」。詳細は随時発表予定だそうだが、アメリカでの販売価格は、開発者向けキットが3,000ドル(約31万円)で法人向けキットが5,000ドル(約51万6,000円)となっている。

Licensed material used with permission by 日本マイクロソフト株式会社
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
イタリアのプレミアム・カジュアルブランド「Mr & Mrs Italy」が待望の日本上陸!9月14日、青山に日本初の直営店がオープンする予定だ。多くの海外...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。...
旅先や自宅でリラックスする時間などに使用できる「MovieMask」。解像度がVRの4倍もあるパノラマの世界が目の前に広がるらしい。眼鏡をかけたままでも、...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
「J-WAVE」により設立された新会社「JAVE」は、今月7日より、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」のβ版日本サービスの提供を開始。音...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
7月8日、「Microsoft」がウェブ会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、「Together Mode」をリリースすることを発...