かしこい「ARメジャー」アプリ。カメラでなぞってどこでも計測

ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利用して、現実のモノのサイズを計測するというアイデアです。

カメラでなぞるだけの
ヴァーチャル計測

「AR Measure」は、スマホ1台でいつ、どんなものでも採寸できるヴァーチャルメジャー。カメラに映る測定したいモノの始点をタップし、そのまま終点までカメラを移動させていくことで、画面上にARで再現されたメジャーがどんどん伸びていきます。

ホームセンターで購入できるような、ごく一般的なメジャーには、長いものだと5mを超えるものもあります。まあ、これだけあればたいていのものは計測可能。でも、経験あるでしょうが、始点を誰かに持っておいてもらわないと、一人ではズレてしまって意外に面倒。

その点こちらはクリックひとつ。自分が動きながら対象物の長さを測れるというメリットも。実際には、カメラと対象物の距離や角度もあるだろうから、正確に計測するならば、ピタッとしたほうが良いのでしょうが、アプリだというと手軽さがいいんじゃないかと。

たしかに、カメラと連動させて寸法を測るメジャータイプのアプリは、これまでにも登場しています。だけどARと連動することで、より視覚的に距離感がつかみやすいと思いませんか。

AR新時代に合わせ
2017年秋以降ローンチ予定

現在、試作段階のAR Measure、この秋Appleよりリリース予定のiOS11に合わせてアプリもローンチするのだとか。E-mail登録でデビューをお知らせしてくれるそうですよ。

Licensed material used with permission by LAAN LABS, (Facebook)
他の記事を見る
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
赤外線レーザーで距離を実測するアイテムはいくつかあれど、製造業や、土木・建築業で活躍する、いわゆる職人のツール止まり。というのも、そのほとんどが一直線に伸...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達に...