かしこい「ARメジャー」アプリ。カメラでなぞってどこでも計測

ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利用して、現実のモノのサイズを計測するというアイデアです。

カメラでなぞるだけの
ヴァーチャル計測

「AR Measure」は、スマホ1台でいつ、どんなものでも採寸できるヴァーチャルメジャー。カメラに映る測定したいモノの始点をタップし、そのまま終点までカメラを移動させていくことで、画面上にARで再現されたメジャーがどんどん伸びていきます。

ホームセンターで購入できるような、ごく一般的なメジャーには、長いものだと5mを超えるものもあります。まあ、これだけあればたいていのものは計測可能。でも、経験あるでしょうが、始点を誰かに持っておいてもらわないと、一人ではズレてしまって意外に面倒。

その点こちらはクリックひとつ。自分が動きながら対象物の長さを測れるというメリットも。実際には、カメラと対象物の距離や角度もあるだろうから、正確に計測するならば、ピタッとしたほうが良いのでしょうが、アプリだというと手軽さがいいんじゃないかと。

たしかに、カメラと連動させて寸法を測るメジャータイプのアプリは、これまでにも登場しています。だけどARと連動することで、より視覚的に距離感がつかみやすいと思いませんか。

AR新時代に合わせ
2017年秋以降ローンチ予定

現在、試作段階のAR Measure、この秋Appleよりリリース予定のiOS11に合わせてアプリもローンチするのだとか。E-mail登録でデビューをお知らせしてくれるそうですよ。

Licensed material used with permission by LAAN LABS, (Facebook)

関連する記事

タイムマシンARカメラアプリ「Yesterscape(イエスタースケープ)」で一躍注目を集めたアプリ開発企業「QOOQ,inc.(株式会社 クオーク)」が...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...