「ARタトゥー」でゲームプレイ!?

ARで遊んだことがある人はたくさんいると思いますが、ARマーカーのタトゥーを腕に入れたというのはなかなか珍しい話。まずはこの動画を見てください。

ARに対応しているスマホなどでコントローラー型のマーカーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!

この左手の持ち主は、2010年頃からARタトゥーを入れたいと考えていた男性、Olo Sabandijaさん。最近その知識や経験を持つ人物と出会ったことがきっかけになって、実際に行動に移しました。

仮にスマートグラスを着用してプレイしたとしても、右手だけで操作するのは至難の業……なんてツッコミどころもありますが、タトゥーに拡張機能を求めるって斬新です。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...