新たな「美術館の可能性」をARが切り拓く。

『Pokémon GO』が大流行したときに、スマホを片手にたくさんの人が歩き回っていた光景は、異様でかなり印象的。それは動画や写真を撮っているときの動きとは、また違うものでした。

でも、未来のことを考えると、AR技術の発達とそのクリエイティブな使用法が、先のアクションを当たり前にしてしまう日が来るのでしょう。いや、スナップチャットの新サービスの登場で、すでに始まっていると言ってもいいのかもしれません。

スマホをかざして
アートを鑑賞する

7c8679ab877cf27fd9ffa536e295298ca47127455fdd430cefe234d78495ef97dba863c2e1a1c965F0c5ad6acd3508979cbf9771cc4b5f8e7d5fd29c

先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。

例えば、ニューヨークのセントラルパークやパリのエッフェル塔の前に出現した上のアートは、実際には存在しません。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品がそこにあるかのように鑑賞できるのです。

他にも、ロンドンのハイドパークやリオデジャネイロのコパカバーナ、トロントのラウンドハウスパークなどで体験できるのだとか。これからは、美術館のあり方も変わるのかもしれません。

158a6ccf3f0a55d3405df65285fa1e00dafe5078

スナップチャットに協力したアーティストJeff Koons氏の作品は、ビルの3階くらいまでの高さに相当するそう。つまり、AR技術のおかげで、今まで美術館に展示できなかったような作品を体感することができるように。将来的には、公園や建築の特徴に合わせた作品が出てくるかもしれません。

Jeff Koons氏はこう言います。

「誰かが開発するであろうクリエイティブなアートの登場が待ちきれません。何が起こるか分からない、未知数な点がいいですよね」

Licensed material used with permission by Snap Inc.
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...