新たな「美術館の可能性」をARが切り拓く。

『Pokémon GO』が大流行したときに、スマホを片手にたくさんの人が歩き回っていた光景は、異様でかなり印象的。それは動画や写真を撮っているときの動きとは、また違うものでした。

でも、未来のことを考えると、AR技術の発達とそのクリエイティブな使用法が、先のアクションを当たり前にしてしまう日が来るのでしょう。いや、スナップチャットの新サービスの登場で、すでに始まっていると言ってもいいのかもしれません。

スマホをかざして
アートを鑑賞する

先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。

例えば、ニューヨークのセントラルパークやパリのエッフェル塔の前に出現した上のアートは、実際には存在しません。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品がそこにあるかのように鑑賞できるのです。

他にも、ロンドンのハイドパークやリオデジャネイロのコパカバーナ、トロントのラウンドハウスパークなどで体験できるのだとか。これからは、美術館のあり方も変わるのかもしれません。

スナップチャットに協力したアーティストJeff Koons氏の作品は、ビルの3階くらいまでの高さに相当するそう。つまり、AR技術のおかげで、今まで美術館に展示できなかったような作品を体感することができるように。将来的には、公園や建築の特徴に合わせた作品が出てくるかもしれません。

Jeff Koons氏はこう言います。

「誰かが開発するであろうクリエイティブなアートの登場が待ちきれません。何が起こるか分からない、未知数な点がいいですよね」

Licensed material used with permission by Snap Inc.

関連する記事

テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
NYの代表的美術館「メトロポリタン美術館」が期間限定で新たなバーチャルギャラリーをオープン。ゴッホやレンブラントなど有名画家の作品も展示。
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...