現実とバーチャルの垣根を超える「ARパズルゲーム型アート展」

ARアプリを起動して、スマートフォンを館内の作品にかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が、「池袋PARCO」にて2019年8月31日(土) ~2019年9月29(日)の期間で開催される。

<ストーリー>

売れない孤独な絵描きがいた。 自分を理解してくれる存在がほしい……そんななか、絵描きがふと描いた1枚に命が宿る。 絵描きは好奇心旺盛な子でいてほしいという願いを込めて、 その絵に「キュリオ」という名前をつけた。 感受性の強いキュリオを喜ばせたい一心で、絵描きはたくさんの絵を描いた。 ある日、絵描きは病におかされる。 死期を悟った絵描きは、キュリオに伝えたいメッセージを5枚の絵に残しこの世を去るが、 最後までキュリオがその絵を見ることはなく、世の中から忘れ去られた……。

そんな絵描きの、未公開だったキュリオの絵と5枚の絵が展示されることになった、というのが本企画の設定。

展示会のガイドアプリをダウンロードすると、絵描きからのメッセージが届く。そこには、キュリオのともだちになってほしいこと、メッセージをキュリオに伝えてほしいという文字が。その後に出会うキュリオと友情を深め、絵描きからのメッセージを伝えることが、参加者のミッションだ。

現実とバーチャルの垣根を超えた、新感覚のエンターテインメントを楽しめるのが、池袋PARCOという商業施設だというのもおもしろいポイント。

すべてを回って最終地点付近のフォトブースで写真を撮り、ハッシュタグ「#おくびょうキュリオ」を付けてSNSに投稿すれば、 池袋PARCOで利用できる買物券500円分をもらうこともできる。

ARが実現した“拡張された現実”をお楽しみあれ。

©2019 株式会社パルコ
Top image: © 2019 株式会社パルコ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
10月26日と27日の2日間、食べることをテーマにした「もぐもぐ展」が「デザインフェスタギャラリー原宿」にて開催される。
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。