現実とバーチャルの垣根を超える「ARパズルゲーム型アート展」

ARアプリを起動して、スマートフォンを館内の作品にかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が、「池袋PARCO」にて2019年8月31日(土) ~2019年9月29(日)の期間で開催される。

<ストーリー>

売れない孤独な絵描きがいた。 自分を理解してくれる存在がほしい……そんななか、絵描きがふと描いた1枚に命が宿る。 絵描きは好奇心旺盛な子でいてほしいという願いを込めて、 その絵に「キュリオ」という名前をつけた。 感受性の強いキュリオを喜ばせたい一心で、絵描きはたくさんの絵を描いた。 ある日、絵描きは病におかされる。 死期を悟った絵描きは、キュリオに伝えたいメッセージを5枚の絵に残しこの世を去るが、 最後までキュリオがその絵を見ることはなく、世の中から忘れ去られた……。

そんな絵描きの、未公開だったキュリオの絵と5枚の絵が展示されることになった、というのが本企画の設定。

展示会のガイドアプリをダウンロードすると、絵描きからのメッセージが届く。そこには、キュリオのともだちになってほしいこと、メッセージをキュリオに伝えてほしいという文字が。その後に出会うキュリオと友情を深め、絵描きからのメッセージを伝えることが、参加者のミッションだ。

現実とバーチャルの垣根を超えた、新感覚のエンターテインメントを楽しめるのが、池袋PARCOという商業施設だというのもおもしろいポイント。

すべてを回って最終地点付近のフォトブースで写真を撮り、ハッシュタグ「#おくびょうキュリオ」を付けてSNSに投稿すれば、 池袋PARCOで利用できる買物券500円分をもらうこともできる。

ARが実現した“拡張された現実”をお楽しみあれ。

©2019 株式会社パルコ
Top image: © 2019 株式会社パルコ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。