リモートワーク時代の必須ツール!「AR技術」で顔を明るく補正

自宅でジャージのまま参加できるビデオ会議はかなりラク。

でも、どうしても大事な話の途中で眠くなったり、集中力が切れたり......といった経験をした人も少なくないはず。

じつはそんな「Zoom Fatigue(疲れ)」でたるんだ顔を見せないための、とっておきのトリックがある。

スイスのクリエイティブエージェンシー「Bandara」が開発したのは、疲れた顔を加工修正してくれる「UnFatigue」というツール。

「Snapchat」のカメラアプリ「Snap Camera」AR技術を活用し、このおじさんのようにモニターに映る自分の目を開き口角を上げてくれるというのだ。

©Bandara

まるで魔法のように、疲れた顔(左)が一瞬で眼力よしスマイルよしの顔(右)に!

使用するにはSnap Cameraをダウンロード後、専用URLを打ち込んでビデオアプリ(Zoom、Teamsなど)を起動し、使用するカメラをSnap Cameraに切り替えるだけ。

疲れが顔に出やすい人は、次回のリモート会議で使用してみてはいかがだろう。

Top image: © 2020 Bandara VR GmbH
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
コロナ禍で一躍有名になった妖怪「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場。緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワー...
世界的なリモートワークへの移行が推進されるなかで、大きな注目を集め、現在さまざまな企業で導入されているビデオ会議サービスの「Zoom」。そんな同社が、更な...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...