「思い出の情景」をタトゥーに残す人が増えている。

スマホに保存したり、財布の中にしまったり、自分にとって大切な写真は常に持ち歩きたい。いつも大好きな人たちとの思い出に浸ることができるから。

そんな私が見つけたのは、カラダに大切な「写真」を刻むアーティストAlican Gorguのタトゥー。リアルに描写するのではなく、思い出を知る人にしかわからないシンプルさに惹かれてしまった。

最も大切なのは
こういう「ゆる〜い」思い出

名前や記念日を記したタトゥーは見たことがあるけれど、思い出のシーンを肌に彫ったものは初めて。しかも、なんだか絶妙なゆるさ。上の写真もそうだけど、見る側としてはあまり特別感がない。Alican Gorguが手がけるのは「なんでこのシーンをタトゥーに?」と、思うようなものばかり。

仮に、自分ならどんな写真にするか考えてみると、七五三や卒業式などの記念日でも、ポーズが決まっているものでもなかった。頭に浮かんだのは、家族や友だちとの何気ない日常。

大切な思い出として私たちの中に記憶されているものなんて、案外、他人からすると普通に見える出来事なのかもしれない。

最も大切な人たちとの絆を感じることができ、純粋にファッションとしても楽しめるシンプルなデザイン。どんな思い出が自分にとっての一番なのか、考えるだけでもほんわかした気持ちになれるのでは?

Licensed material used with permission by Pigment Ninja
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
一筆書きをタトゥーにトレースする、Mo Ganji。動物や人の顔など様々なものを対象にした画を彫り、これまで数々のメディアに取り上げられるなど、知名度を上...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
MambotattooerさんのInstagramに載っている作品は、ポップなものばかり。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のInstagramでは、#pawtattooで見るとわかる通...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?