どうやって彫っているのか気になる、煙のタトゥー

この緻密で美しい煙のタトゥー。彫っているのは、モスクワのタトゥー・スタジオ「NO VVAVE TATTOO」の所属アーティスト、Roman Melnicovさん。芸術的なタトゥーが話題を呼び、Instagramのフォロワーは現在50万人を超えています。

このスモーキーなタトゥーは、ドットワークというスタイルで彫られています。一般的に、シャドーをつけるときは細い線を重ねていくのですが、このスタイルでは点描によって濃淡などを表現します。美術史でいうと、新印象派を確立したジョルジュ・スーラがこの点描で有名です。ドットの集合で表現することで、より緻密で美しい絵を完成させることができるのです。

Romanさんは、スタジオがあるモスクワのほか、パリ、ミラノ、ベルリン、バルセロナ、ソウルなど、世界中でタトゥーを彫っています。スケジュールは彼のInstagramをチェック。

Top image: © Roman Melnikov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事