「タトゥー界のピカソ」によるキュビズムの入れ墨

20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。

ルネサンス以来、定説だった一点透視図法(単一焦点による遠近法)を放棄して、複数の視点から見たモノの形を1つの画面に収めるこの手法は、「立体派」とも呼ばれている。

そんな西洋画からインスピレーションを得て、というキャンパスにユニークな入れ墨を描き続けているのが、ロンドン在住のタトゥー・アーティストMike Boyd。ここに紹介するタトゥーを見れば分かるように、どれもが異彩を放っている。

アートをまとう。
タトゥー界に新たな潮流

Mikeのモットーは、旅に出かけて出来るだけ多くのことを見聞して作品に昇華させること。タトゥーのモチーフが、世界のどこからピックアップされたものかを想像する、という楽しみも見る側に与えてくれる。

ではもう一度、トップに戻って。 芸術は一度見たくらいじゃ理解できないからね。

Licensed material used with permission by Mike Boyd, (Instagram)
他の記事を見る
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
Mambotattooerさんのインスタに載っている作品は、ポップなものばかり。
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
名言。この言葉に感化されたアーティストのJustin Petersは、人類が未知へと足を踏み入れた夢のような現実を生み出した。彼の世界の中は、可能性に満ち...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。 「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
まるで機械の基盤のような、不思議な模様。そう言われてもなお理解に苦しむけど、これタトゥーなんだそう。
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...