ブラックライトで光る色鮮やかなペイント「ボディマーブリング」

タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです。

新感覚ペイント!
「ボディマーブリング」って?

上の動画は、「TomorrowWorld」、「Electric Forest Festival」、「Moonrise Festival」などに出展していたクルー「Black Light Visuals」が、2014年に記録したもの。

容器の中で渦巻いているアクリル染料に手を加え、カラフルな模様をデザインしていきます。パフォーマンスとしても十分見応えがありますが、モノやカラダを浸して水圧転写させることで、複雑なボディペイントが一瞬でカラダに!

遊び方はカンタン。ペイントするときには、手をドボン!と染料に突っ込むだけOK。そのあと塩水をベースに配合された特殊な液体にサッと通すと色や模様が固定する仕組み。

染料の層が薄いため、肌の呼吸も邪魔せず、これまでにアレルギー症状が出たこともないと言います。それに、ひと通り楽しんだ後には石鹸で洗えばすぐに落とせるので、その日だけ楽しみたいというカジュアルな人にピッタリなんです。

同クルーは、この手法でマーブル塗装を施したTシャツやキャップ、スマホケースなど衣類や小物も販売中。ですが、やっぱりこれをボディペイントに応用しちゃうところが注目のポイント。さらに!じつは、日本にもクルーが。

日本でも楽しめる!

上の画像は、「Dirty Workers Studio」のもの。2015年から東京で活動を開始した日本のボディマーブリングクルー。2015年10月31日に開催されたハロウィンイベント「PKCZ ELECTRIC HALLOWEEN 2015」などに出展し話題になりましたが、そのほかにもいろいろな画像がFacebookInstagramで見ることができます。

その日の服装や気分に合わせて模様をデザインしてくれ、まるで変身したかのような高揚感を味わえるんだとか。とくに自分のカラダが光っているとなると、なおさらですよね。2016年のイベントは要チェックかも!

Licensed material used with permission by BLVisuals LLC, Dirty Workers Studio
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペ...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもO...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...