シンクロ率120%!風景と完全に同化する「ボディペイント」が、じわじわくる

まずは、この写真から
ご賞味ください。

夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでしょ。

ジャーン。背景のコロッセオを全身にペイントした男性が姿を表しました。微妙に歪んだアーチがまっすぐだったら、結構きれいに同化していたかもしれませんね。

NY在住のTrina Merryさんは、すでに商業広告やイベントでも引っ張りだこの超売れっ子ボディペインター。これまでにも数多くの作品を発表し、世界中のメディアから高い評価を得てきたことからも、彼女のボディペイントを一度は目にしたことがあるかもしれません。

なかでも人気のシリーズが、世界各地のランドマークに溶け込む「Camouflage Series(カモフラージュ・シリーズ)」。名所旧跡の前で裸のモデルにペイントを施し、完全に同化した状態でパシャ。その傑作シリーズを、ちょっぴり「どうなの?」と突っ込みたくなるモノも含めてご紹介!

クールでシュールな
カモフラ写真が面白い!

「なんとも微妙〜」が
じわじわくるっ

車体の屋根が歪んじゃった。

さすがに5人は難しかったか。

ちょっ、近い近い!

手の角度まではバッチリだったんですけどね。ぽっこりお腹が残念賞。

モデルもやりたい放題!?

ちょっと!溶け込まなきゃ。

もはや、シュールとしか表現できない…。

ついには、
車まで消しちゃった!

なんと、車も一台まるまるペイントしちゃいました。フォードの新車タイアップ企画らしいのですが、消しちゃっては…ねぇ(笑)。他にもミュージシャンJanna PelleのPVで本人に直接ペイントを施したりと、Merryさんのカモフラ効果はとにかく絶大。

いつか、日本各地の観光名所に溶け込んだ彼女のボディペイントが見てみたい!

Licensed material used with permission by Trina Merry
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペ...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...