「描き方」を知ると二度見してしまう、キレイなだけじゃない絵

まず、画面を拡大して絵を隅々まで見て欲しい。

C68a6803479947f94040077ccdf41bb4c80d494f4e45e1f0850dc510770a68945bc7780518fa544dF5657743486c72cbda33f3fa9429bb0539f6c119

私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、作者であるIris Scottの“描き方”を知って、思わず二度見。

……指だけで描かれている。

てん、てん、てん、点。せん、せん、せん、線。曲がったり、かすれたり。画面いっぱいに描かれている点描や線描は、手袋をはめてから、絵の具をつけて指を躍らせるように描いたものなんだ。

さらに、もう一つ驚いたことがある。

結構、でっかい。

B62ed731fbfedacc851bba8ebadec1c10f185e4d88ba2f146c4481d8227d7f996301c5240d17b2ae

一つひとつの作品が結構な大きさ。一枚の制作に費やす時間を聞いてみると、最長で2週間くらいかかるけれど、あまり時間はかかっていないとのこと。さらに、「10本の指に絵の具をつけて、タコのように描いているから早いのよ」というコメントも(笑)。

彼女にいくつか質問をしたのだけど、チャーミングな答えが返ってくることが多かった。フィンガーペイントに目覚めたキッカケを聞いたときも、「最初はブラシで描いていたんだけど傷んじゃって、だから手で描いてみたの……偶然の賜物ね」と。

でも、偶然とはいうものの、それだけでこの大作は生まれない。現在33歳のIrisは、美術大学を卒業後も熱心に芸術の勉強を続けていた。アートへの並々ならぬ情熱が、繊細でありながら、躍動感みなぎる作品を誕生させるまでにいたったのだ。

Bf6293493390d63b19118826bad361c25fcf9ed4235671872cfd30b146425efaca5a885f2f2ed32f71cf35e4e16682c22fe5da1b1da3ad80a92a7288C7d7a946d99df6944e8e6856a4d5c6b49b4e16798fdb939872d2d47950b8429b8857b3bd4d0c2d4367d4164ca8a127a013939c0c5f9aad209c308430

作者の「楽しい!」という気持ちが伝わってくるアート。キレイだなって思い、驚き、そして見る側も同じように楽しませてくれる。

最後に、指を躍らせて描く、Irisの姿を動画で。

Licensed material used with permission by Iris Scott, (Instagram), (Facebook)
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
有史以来、戦い続ける男たち。浮き上がる筋肉は力の象徴。そこに強烈に惹かれたアーティストは、闘志に燃える強靭な肉体を表現するようになりました。みずからの指で...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。 「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙...
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
目を引く大きいカラフルな絵。一見普通のポップな絵に見えますが、よく見ると…中心に人が立っているんです。Ben Heineさんの大胆な作品をご覧あれ。Ben...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
夏と言ったら水遊び。何歳になっても水鉄砲で遊びたい!最近は大人でも楽しめるものがたくさんありますよ。ということで、「Spyra One」を紹介します。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...