「この紙に絵を描いてくれませんか?」熱望するファンに対するピカソの行動

ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。

 

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

 

ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで小さいながらも美しい絵を描きました。そして、彼女へと手渡しこう続けます。

 

「この絵の価格は、100万ドルです」

 

女性は驚きました。

 

「ピカソさん、だってこの絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないのですよ?」

 

ピカソは笑います。

 

「30年と30秒ですよ」

30秒に宿る
「芸術の値段」

これは、芸術家ピカソの話として、また、アートの価値に対する人々の意識をあらわす話としてもよく語られる有名な逸話。

ピカソの天才的な才能は言わずもがな。しかし、そんな彼の能力をまさか“時給”で測ることなんてできません。どんなに短い時間であれ、どんな安価な素材を使っていたとしても、数十年と積み重ねてきた経験が作品には宿るものですよね。

彼だけに留まらず、デザイナー、ミュージシャン、イラストレーター、コンサルタントにコピーライターなど、その成果が理解されにくいこともしばしばあります。

しかし、「芸術の値段」を決めることは、一方で自分自信の価値を決めているとも言える責任のある行動だと認識したいもの。ELITE DAILYの記事より、ピカソの逸話を一部抜粋して紹介しました。

芸術って何かを引き起こす力がありますよね。例えば、ある女子高生にもこんな奇跡が……。

志望大学からの『不合格通知』をアート作品にした女子高生

 

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

あ、もっかい見よ。
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、い...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
名言。この言葉に感化されたアーティストのJustin Petersは、人類が未知へと足を踏み入れた夢のような現実を生み出した。彼の世界の中は、可能性に満ち...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...