ピカソが60年代に着用していた「腕時計」が高額落札!

先日、フランスにてオークションハウス「Bonhams」が出品したのは、パブロ・ピカソが1960年代に着けていたとする腕時計

落札前の予想では、1万4700ドルから2万2000ドルほどと見積もられていたというが、実際には予想価格の20倍、21万9050ユーロ(記事執筆時約2900万円)で落札されたようだ。

アート史に名を刻む巨匠が身に付けていたとなれば、納得の価格なのかもしれないが、その腕時計のデザインがじつにユニーク。

なんと文字盤には、1から12の数字の代わりに「PABLO PICASSO」と彼の名前が刻まれているのだ。

© bonhams1793/Instagram

時計は、スイスの時計メーカー「Michael Z. Berger」がデザインしたもので、文字盤に名前が刻まれることはあまり例がないとのこと。

ピカソがこの時計を着用していたのは、数々の肖像画や写真で確認できるようで、実際にかなり愛用していたようだ。

「Bonhams」の時計販売を担当するJonathan Darracott氏は「ピカソは偉大な自己PRで有名だったので、このような腕時計を着用したのは適切です」とコメント。

こうして見るとお宝であることは間違いないが、自分の名前が刻まれた腕時計を本人が着けていたとはちょっと驚き……。

稀代の天才アーティストはかなりのナルシストだったといえるだろう(笑)

Top image: © Marc Piasecki/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
高級ジュエリーブランドの「Jacob & Co.」が、世界初となる「NFT時計」を発表。オークションの結果、なんと……。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「スウォッチ」から自然由来の素材を使った機械式時計「SISTEM51(システム51)」が販売中。
注目を集めるAIロボット「ソフィア」が、今度は話題のNFTアートのシーンでもその名をとどろかせた。なんと「ソフィア」が制作したデジタルアートがオークション...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
今月から「シチズン」が同ブランドの腕時計の購⼊時に「箱不要」を選択すると、マングローブの苗1本が寄付できる「Eco Tree ACTION」をはじめている。
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
楽しいって大事!それを感じられる腕時計っていえば、やっぱりスウォッチ!新年に向けて時計買うか……というわけで、ミレニアルズに人気のスウォッチを一挙紹介!!
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
「CASIO W-64」を着けて育ったという海外のファンが、現在使用している「Apple Watch」の時計盤をデザインして話題に。創作デザインであるが、...
手首が細くてぴったりの時計が見つからないって人にオススメなのが〈G-SHOCK〉の「G-SHOCK MINI」です。なかでも「GMN-500」というモデル...
デジタルのテクノロジーを取り入れて日々進化する「アウトドアウォッチ」。「カシオ/プロトレック」「ガーミン」「ソニー」「セイコー」など人気ブランド勢揃い!
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
時計の文字盤に浮き出るドットが点字になっており、時刻や日付を表示する仕組みの「DotWatch(ドットウォッチ)」は、目の不自由な人でも使える画期的なスマ...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。