言葉よりも「切り絵」で語るアーティスト

Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。

彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重みとその永続性のある存在感に惹かれましたが、読書はもちろん文章を書くこともしませんでした。

なぜなら、彼女が注目したのは、古くから物語を伝え続ける役割を担ってきた「紙」の強さにあったからです。

切り絵で描く絵は消しゴムを使ってカンタンに修正できるものではありません。微調整を繰り返しながら、気の遠くなるような作業を繰り返していきます。

もちろん、それだけ心身の疲弊も激しいもの。しかし、同時に安らぎを感じられるものでもあるため、こと強迫神経症の彼女にとってはなくてはならない存在だそう。

彼女が作品のモチーフとして扱うものには、鳥が数多く登場します。魅力的な女性を指す言葉として、気高さを象徴する存在として、さらには先祖が恐竜だったという一説から生物的な強さが感じられるとあり、憧れの女性象を象徴しているとも。

その他、ストーリーを感じさせる作品もいくつかあります。話すよりも切る方が、うまく説明できるとか。

影響を受けたアーティストには、画家のポール・ギュスターヴ・ドレ、マックスフィールド・パリッシュ、切り絵アーティストのエマ・ヴァン・リースト、ピーター・コールセン、スー・ブラックウェル、蒼山日菜の名まえを挙げています。

決してモチベーションは枯れない、とは本人談。彼女のInstagramは、いまも新作が更新され続けています。

Licensed material used with permission by Maude White
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていないRIUと名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟性とチャレンジ...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
今まで切り絵は、緻密でデリケートな平面作品ってイメージがありました。でも、イギリスで活躍するアーティストRich McCorさんの作品は一味違うんです。建...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
緑が豊かな夏を過ぎると色鮮やかな紅葉の秋になり、赤や黄色に輝いていた葉っぱは、冬にかけてヒラヒラと色褪せながら落下して積もっていく。地面いっぱいの落ち葉は...
歯ブラシの機能向上は日進月歩。ただの電動歯ブラシでは、もう満足できないアナタにおくる「かしこい歯ブラシ」をまとめてみました。
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。 「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙...
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
海外のローカル&レアチョコレートを、いち早く味わえる「フェリシモ」の「至福のご褒美スイーツ2020」。世界中のショコラティエが想いを乗せて制作したハート型...
ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイに住む若干19歳のアーティスト、スーシャント=S=レーンさん。独学でこの...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
〈KIYA〉の「爪切 黒 小」です。お値段は税抜きで700円。100均なんかで売っている超安価な爪切りとの違いは、老舗の包丁メーカー〈日本橋 木屋〉が作っ...