失業中の僕を仕事に導いたのは、「葉っぱを食べるアオムシ」だった。

アーティストになる理由は色々あると思う。あくまでも私のイメージだけど、芸術を職業に選ぶ人間には、何かしらの「意外性」を秘めているような気がする。

スペインに住むLorenzo M. Duranはもともと、ロープを身に繋いで高所を点検する仕事をしていた。しかし、職を失って途方に暮れていたある日のこと。1匹のアオムシが葉っぱを食べている姿を見て、彼はリーフアートに目覚めたのだ。

美しく感じた「虫食いの跡」

現在、36歳のLorenzoは、2005年に職を失ったことがキッカケで、自分の中にあるアートへの情熱に気づく。

人生で何をするべきか……。失業中は、自分の生きる意味を探し続けていた。意外にも、彼にとって非常に大切な決断をさせたのは、葉っぱを食すアオムシだった。葉に残った「虫食いの跡」が、彼には幼虫が生み出したアートに見えたのだろう。

その後、2年をかけて独自のリーフアートを生み出すために、研究を重ねてテクニックを磨き続ける。努力の末に、数年後にはアーティストとして活躍するように。

可能性に満ちる
葉っぱのアート

Lorenzoの研究は、葉っぱを切るだけには止まらなかった。壊れやすくてフラットなものを、立体的にする工夫を施す。その性質をとことん知り尽くした彼に、葉の魅力について聞いてみると、こう答えてくれた。

「脆くて崩れやすいものだからこそ、その弱点と向き合うことにした」

もしかしたら、葉っぱの弱い部分だけではなく、「自分自身の弱さとも向き合え」というメッセージが込められているのかもしれない。

彼がリーフアートを続ける限り、まだまだ可能性を見出すのだろう。

Licensed material used with permission by Lorenzo M. Durán
緑が豊かな夏を過ぎると色鮮やかな紅葉の秋になり、赤や黄色に輝いていた葉っぱは、冬にかけてヒラヒラと色褪せながら落下して積もっていく。地面いっぱいの落ち葉は...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パッと見て、カラフルな模様がエスニック柄のようだなって思ったんです。でも、すぐに小さな葉っぱの集まりからできていることに気づいて驚きました。これは、全て「...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていないRIUと名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟性とチャレンジ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
Janaina Mello Landiniさんのアートは、1本のロープを細く割いて制作されたものです。その完成形は、人体に張り巡らされた毛細血管のよう。
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...