世界初?「葉っぱ」で作られた本物の革のようなバッグ

斬新奇抜なパリ発のファッションブランド「アメリ・ピシャール(AMELIE PICHARD)」によって世界初(?)のヴィーガンバッグ「baby abag」が誕生した。

©amelie pichard

本物の革のような艶を出しているのは、ブラジルの雨林で採取された“クワズイモの葉”

じつは一般的にヴィーガンレザーといわれるものでも、製造過程でプラスチック石油系オイルなどが使用されており、環境に負担がかかってしまうそうだ。

しかし、このバッグは耐久性を上げるため表面にリネンポリエステルが塗られているだけで、素材はほぼ “葉っぱ”

環境負荷がゼロに近く、デザイン性も抜群にオシャレ。レザーではおなじみのワニをモチーフにしているのもおもしろい。

いろんな意味でグリーンなレザーがこれから普及していくのか、注目だ。

気になる方は、公式サイトから購入を検討されてみてはいかが。

©amelie pichard
©amelie pichard
Top image: © amelie pichard
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
バッグに特化したイタリアのオンラインプラットフォーム「up to you anthology」のために「nendo」がデザインしたハンドバッグ「mai」が...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
「ヴィーガン」は食品に限った話ではありません。いまの時代を生きるうえで欠かせない、ヴィーガンフレンドリーなあれこれをまとめてみました。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。