世界初?「葉っぱ」で作られた本物の革のようなバッグ

斬新奇抜なパリ発のファッションブランド「アメリ・ピシャール(AMELIE PICHARD)」によって世界初(?)のヴィーガンバッグ「baby abag」が誕生した。

©amelie pichard

本物の革のような艶を出しているのは、ブラジルの雨林で採取された“クワズイモの葉”

じつは一般的にヴィーガンレザーといわれるものでも、製造過程でプラスチック石油系オイルなどが使用されており、環境に負担がかかってしまうそうだ。

しかし、このバッグは耐久性を上げるため表面にリネンポリエステルが塗られているだけで、素材はほぼ “葉っぱ”

環境負荷がゼロに近く、デザイン性も抜群にオシャレ。レザーではおなじみのワニをモチーフにしているのもおもしろい。

いろんな意味でグリーンなレザーがこれから普及していくのか、注目だ。

気になる方は、公式サイトから購入を検討されてみてはいかが。

©amelie pichard
©amelie pichard
Top image: © amelie pichard
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事