新しいジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が誕生

ジビエは料理もいいけど、鞄もね。

先日、新しいジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生した。

年間60万頭もの鹿が畑を荒らす害獣として駆除され、その皮革のほとんどが活かされないまま廃棄されているという。エニシカは、この鹿たちの革を「日本の風土からの贈り物」として大切にとらえ、野生の傷や個体差のムラをあえて残すことで、革が本来持っている唯一無二の味わいを感じてもらいながら、命を使い切る「しまつ」の心を現代人に再認識してもらいたいという願いとともに立ち上がったブランドだ。

プロダクトは非常に軽くしなやかな仕上がりで、牛革と比較すれば、あまりの軽さに驚くはずだ。

カラーはそれぞれのアイテムで6色を用意。シンプルな形状だから、世代や性別、シーンを選ばず楽しむことができる。4種のアイテムは、現在クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売中。

ちなみに、同ブランドでは、バッグとして使わなくなった後に別アイテムへの仕立て直しも可能とのことなので、一生モノとして、ぜひ。

©enisica
©enisica
©enisica
©enisica
©enisica

『エニシカ』
■ニシカ・バッグ
【寸法】約 幅44×高さ34×マチ10cm(持ち手含まず)、持ち手:約 幅5×高さ25cm
■ハンシカ・サコッシュ
【寸法】約 幅32×高さ22cm ※ベルトは15mm もしくは 24mm幅から選択
■シブシカ・クラッチ
【寸法】約 幅25×高さ15cm
■リンシカ・コインケース
【寸法】(閉じた状態)約 幅6.5×高さ6cm、(開いた状態)約 幅6.5×高さ13cm

※クラウドファンディングサイト「Makuake」で2020年2月28日まで先行販売中
https://www.makuake.com/project/enisica/

Top image: © enisica
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
アップサイクルプロダクトブランド「アマリノ-Amarino-」がバッグや革小物を作る際に発生する本革の残反を再利用した「リユース本革ブックカバー」を販売中。
害獣指定動物とされている「エゾ鹿」の鹿油から作られるコスメ「YUK(ユク) COSMETICS」が誕生。社会や環境にメリットをもたらすだけでなく、その効能...
斬新奇抜なパリ発のファッションブランド「アメリ・ピシャール(AMELIE PICHARD)」によって世界初(?)のヴィーガンバッグ「baby abag」が...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
ジビエ居酒屋「米とサーカス」(高田馬場本店、渋谷PARCO店)と新宿三丁目の肉バル「パンとサーカス」にて、ちょっと変わった「クリスマスバーレル」を25日ま...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
バッグに特化したイタリアのオンラインプラットフォーム「up to you anthology」のために「nendo」がデザインしたハンドバッグ「mai」が...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...