「エゾ鹿」の脂から生まれた新コスメ「YUK COSMETICS」

害獣指定動物とされる北海道に生息する「エゾ鹿」から生まれたコスメブランド「YUK(ユク) COSMETICS」が誕生。これがいろいろとすごいらしい。

交通や社会生活、森林保全に大きな被害を与えるといわれるエゾ鹿を、計画的に頭数調整すべく開発されたこのコスメ。

シカの油成分から抽出されるオイル「鹿油」を利用しており、皮膚を保護して再生を促す効果や、パルミチン酸やアステリン酸などの成分による、ニキビの減少肌の保湿清潔維持などが期待できるのだとか。

しかも、ほかの動物油と比べてベタつかず肌馴染みがよく、肌本来の潤いを取り戻す効果もあるとされている。

YUK COSMETICS 鹿油 エゾ鹿
©天鹿

ラインナップは、シャンプーコンディショナーボディソープハンドクリームボディクリーム、さらにはフェイスマスクまで。どの製品も、精製の段階で完全無臭化されており、動物由来の獣臭さがなく、香料の豊かな香りが広がる。

環境や地域にメリットをもたらしながら、肌をサポートしてくれる新たなコスメ。気になる方はオンラインショップをチェック。

Top image: © 天鹿
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「ZOZOTOWN」が、3月18日にコスメ専用モール「ZOZOCOSME」をオープン。それに合わせて、肌の色の計測ツール「ZOZOGLASS」を発表。配送...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
レディー・ガガが自身のコスメブランド「Haus Laboratories(ハウス・ラボラトリーズ)」を発表。9月、日本を含む約10ヵ国を対象にAmazon...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
鹿児島・大隅半島で、自然由来成分100%の化粧品作りをおこなう「ボタニカルファクトリー」が「たんかん農業廃棄物買取りプロジェクト」を開始。おいしく食べられ...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
今回は原宿にオープンした「@cosme TOKYO」。欲しい商品の口コミ数や、ランキングがわかるので、めっちゃ便利。ここに来れば欲しいものが絶対に見つかる...
人気ブランド「earth music&ecology」などを手掛ける「株式会社ストライプインターナショナル」から、アウトドアを軸に展開するライフスケールブ...
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
「エルメス」より、待望のビューティーラインがお目見えとなる。ブランド初のコスメアイテムは、詰め替えができるサステイナブルな口紅とのこと。
「自然との共生共存」をコンセプトにした新ブランド「BROOXON(ブロックソン)」がデビュー。

おすすめ記事

浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
窓ガラスにはシンデレラの物語が美しいステンドグラスで描かれていたり、魔法の鏡からはシンデレラの映画が流れていたり、おとぎの世界に浸ることができる仕掛けがた...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...