地産コスメ!捨てられてしまう特産品を救えるプロジェクト

“農業廃棄物”という言葉をご存知だろうか。

毎年約137万トンにも及ぶ、まだ食べられるのに捨てられてしまう果物野菜である。

傷もの実が小さいものなど、出荷選定の際に規格外品に振り分けられる農産物や、採取の難しい高所にあるために放置されるものが含まれる。

この問題を解決するために、鹿児島・大隅半島で、自然由来成分100%の化粧品作りをおこなう「ボタニカルファクトリー」「たんかん農業廃棄物買取りプロジェクト」を開始した。

「たんかん」は、南大隅町特産の柑橘類。芳香と甘みが特徴で、年間340万トン収穫されるが、そのうち数トンが規格外として廃棄対象となっていた。

同社は、運営するコスメブランド「ボタニカノン」の原料として、毎年500kg~700kgを買い取り、化粧品の芳香成分として使用してきたが、使用量や使用使途に限りがあり、農家への支援につながっている実感がなかったという。

そこで今年は、例年の2倍の約1,500kgの買い取りを目指し、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金の募集を開始した。

支援者には、まだまだおいしく食べられるたんかんや、「鮮度や旬をお届けする地産コスメ」のボタニカノンシリーズなど、お得な返礼品が用意されている。

化粧品原料費の出資というカタチで原材料の調達から参画し、農業廃棄物を再利用したオーガニックコスメを使うことで、生産者とつながる……。

無理なく、新しいカタチで、サステイナブルなコスメ作りに貢献できるクラウドファンディングは、2月21日までコチラで受付中!

© Y Kuroki/YouTube
Top image: © ボタニカルファクトリー【公式】
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
害獣指定動物とされている「エゾ鹿」の鹿油から作られるコスメ「YUK(ユク) COSMETICS」が誕生。社会や環境にメリットをもたらすだけでなく、その効能...
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
これからのオーガニックコスメに求められているのは、適正で続けやすい価格と使い方や効果効能・成分のわかりやすさだ。調査の結果「使うコスメは全てオーガニックが...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...