園芸用品が化粧でヒットしてしまい、急遽「化粧水」として発売

株式会社 悟空のきもちTHE LABO」は、昨年10月に花びらに吹きかけ長持ちを助ける「園芸用花びら液」を発売。成分そのままに化粧品登録をおこない、化粧品として今月11日に販売を開始した。

この「園芸用花びら液」は沖縄県に住む医大生・太田旭さん(19歳)と男子学生たちが、コロナ禍の休校期間を利用して、沖縄のハイビスカスを2倍長持ちさせることを目標に10代最後の夏の生物研究をおこなって開発したものだ。

11月に東京の大手百貨店から「化粧水として売りたい」という電話があり、太田さんらは驚愕。次第に園芸用品が化粧水として人気になっているという報告が相次ぎ、完売状態に。急遽、化粧品登録の道を模索し、このたびの化粧品「ひとか」としての発売へと至った。

花も人間も、美しく長く咲きたいのは同じ。花びらも人の肌も水分量がなくなれば、枯れてしまう。未来の人間(ヒト科)は、咲きほこる花になればいい。商品名にはそんな想いが込められている。

価格は100ml(約1か月分)で4300円(税抜)。購入はこちらから。

© 株式会社 悟空のきもち THE LABO
© 株式会社 悟空のきもち THE LABO
© 株式会社 悟空のきもち THE LABO
Top image: © 株式会社 悟空のきもち THE LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
十代目 松本幸四郎とメイクアップ・アーティストの鷲巣裕香が現代風の歌舞伎化粧に挑戦した写真展「Kesho」が「銀座 蔦屋書店」にて来月2日(日)まで開催中だ。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けフェイス...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向け化粧下地...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。