メイク道具を忘れたときの最終手段!(禁断のハウツー)

用意するものは小麦粉、ココアパウダー、ミルクチョコレート……どんなスイーツができるかって?いえいえ、これらはすべてメイクの材料。信じられる?

人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。彼女、オフィスで同僚が食べているお菓子や冷蔵庫の中のケチャップやジャムを取り出し、机に並べました。ざっとこんな感じ。

さて、美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーの始まりです。

クリエイティブな
フードメイクアップ術

【ファンデーション】
小麦粉+ココアパウダー+ごま油

【アイブロウ】
ココアパウダー

【アイライン】
ボールペン

ここはフツーのボールペンかいっ!

【アイシャドウ&チーク】
ミネラルウォーター+小麦粉+ミルクチョコレート(M&M'Sからお好みの色を

【つけまつ毛】
同僚の髪の毛

もう食べ物ですらないんですね。しかも、勝手に切ってるし(笑)。

【リップカラー】
木いちご+トマトソース+小麦粉

【香水】
ミネラルウォーター+
バラの花びら

でも、なんとなく…それらしい。

あれ、意外にアリ…かも。

途中、何回かツッコんでしまいましたが、このアイデアが湧いてくるのだから彼女のクリエイティビティの勝利!でしょ。

この他にも、オフィスで「ジャージャー麺を作ってみたり」や「ひとり回転ずしを始めたり」、もはややりたい放題の彼女がキニナル〜。

Licensed material used with permission by Ms Yeah
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...