手のひらで花ひらく、美しい手鏡。

拡大鏡と一緒になっている、手のひらサイズの鏡です。

別にあってもなくても平気なんですが、なくなったら困るものです。もしなくしたら、自分自身の軸がなくなったみたいに感じてしまうかも。

これは、ハタチの時に初めてイギリスを旅して、現地に住む母親の友人からプレゼントしていただいたものです。

わたしがよく使うものって、もらいものが多いんです。

何気なく使うことで、もらった人や、その時の情景を思い出したりします。なんだか写真アルバムみたいですね。

鏡はそんなに頻繁に使わないんですけど、だいたいポーチの中に入れています。電車に乗っていて、どうしても気になる!という時にのぞくんです。目元とか唇とか、部分的に。

東京なんてちょっと歩けば、百貨店のウインドーに姿が写るし、駅に綺麗なお手洗いもありますよね。最近だと、iPhoneのカメラ機能を使って、顔をチェックする子もいる。そう考えると、今は、鏡なんて持ち歩く必要がないのかもしれないですね。

どこのものかと聞かれると、ちょっと困ってしまうんですけれど、イギリス製ではないと思います。

カラーリングがアジアっぽいですよね。お花の模様は、プリントされているのか、絵付けされているのか分かりません。下地は貝のようですよね。懐中時計のようなデザインも好きです。

わたし、何かに執着すると、そのものと仲良くできない気がするんです。「これは大事なものなんです!」って思っているものほど、手放した方がいいんじゃないかな。恋愛と似ていますね。

25f3792d39f417cc0a027b60042d06ac95458eb6060b30888583cb4ea0db6001314bc8a45ccddfa1

判治真歩/ヨガインストラクター
日本・インドでヨガを勉強し、心豊かな生活を送るべく日々精進しています。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
ボディペインターのAsh Clementsが手がけるメイクは、アメコミからスプラッター映画のようなメイクまで、とにかくバリエーション豊か。しかも、全てのペ...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...