メンズメイク入門!「オススメのコンシーラー」を@cosmeに聞いてみた

メンズもメイクをするご時世。しかし、どれを選べばいいのか、どのような効果があるのか、どう使えばいいのかなどがわからない人もまだまだ多い。

そこで頼ったのが、日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフ。ポイントメイクについてはややハードルが高いため、ベースメイクにフォーカスし、オススメアイテムとその効果を教えてもらった。

今回はコンシーラー!

そもそも「コンシーラー」の役割って?

「一般的にコンシーラーと呼ばれていますが、主に狭い範囲に使う部分用ファンデーションの一種です。つまり、部分的に色の補正をする役割があります。ファンデーションよりも、さらにピンポイントでトラブルシューティングの意味合いが大きいわけですね。

結構色がつきますので、髭剃り後の色ムラやニキビ跡を一掃してくれる効果があります。ただし、場所や用途によって使い分ける必要があるので要注意。目元には目元用の、頬には頬用のコンシーラーを使いましょう。

クマを隠したいからといって頬用のものを目元で使ってしまうと、形状が固かったりカバーしすぎたり、隠したい悩みを逆に目立たせてしまうこともあります」

オススメのコンシーラーはコレ!
「資生堂」のスポッツカバー ファウンデイション&
「イヴ・サンローラン」のラディアント タッチ

©アットコスメ

「頬用のオススメは資生堂のスポッツカバー ファウンデイション。クリームみたいな練り状が特徴です。もともとはアザやシミを隠すために作られたコンシーラーですね。カバー力がとにかく抜群。すべてを目立たなくすることができます。髭隠しにも使えますよ。

目元用のオススメはイヴ・サンローランのラディアント タッチ。名品と言われている商品です。液状なのでシワになりにくい。光で補正する機能も持ちあわせているため、目元につけても違和感がないんです。

もう少し価格を抑えたければ、フーミーのコンシーラー、メイベリンのフィットミーコンシーラーも選択肢に入れてみてください」

©アットコスメ

〜まとめ〜

・コンシーラーとは部分的に色の補正をするもの
・場所によって使い分ける必要があるので要注意
・オススメのコンシーラーは「資生堂のスポッツカバー ファウンデイション」、「イヴ・サンローランのラディアント タッチ」、「フーミーのコンシーラー」、「メイベリンのフィットミーコンシーラー」

Top image: © アットコスメ
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けハイライ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けシェーデ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けファンデ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向け化粧下地...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けBBクリ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けクレンジ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク用アイテムを...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けフェイス...
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
「資生堂」のメンズヘアケア&スキンケアブランド「ウーノ」と「SOOTH株式会社」が、オンラインミーティングにおいて男性メイクが与える心理的影響を脳波・心拍...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
「THREE」を展開するACROは、9月からメンズコスメブランド「FIVEISM × THREE」をローンチすると発表しました。
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...