ロンドン発「オーガニックファーマシー」旗艦店が表参道ヒルズにオープン

2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が2016年3月18日(金)、東京・表参道ヒルズにオープンします。

自然療法専門スタッフが
一人ひとりの悩みに応える
“お肌の薬局”

ロンドンをはじめ、ビバリーヒルズ、ニューヨーク、ドバイなど世界30カ国に展開するオーガニックファーマシーは、自然療法で培ったカウンセリングデータをベースにした、ハイエンドなオーガニック・コスメブランドです。製品のほとんどはオーガニック成分90%〜99.9%の贅沢配合。

ここは、クリニックと薬局、ショップがひとつになった場所。カウンセリングテーブルには、自然療法の専門スタッフが常駐。体調や体質、生活リズムをヒアリングして、自分の肌に合ったスキンケアを提案してくれます。

ハーバリストであり薬剤師のマーゴ・マローン(写真右)は、自然療法のスペシャリスト。彼女はこれまで数千人を超えるカウンセリングを行い、人々の悩みやリクエストに応じたオーガニックコスメや、デイリーユースのスキンケア用品を調合してきました。

マーゴ曰く、想像を超えた植物の力とオーガニック成分のシナジー効果を生み出す概念に基づいた、独自の美容学をプロダクトに込め、「メディカル×ビュティー」を実現した製品を作り上げてきました。まさにお肌の“かかりつけ薬局”として、世界中の女性たちから愛されてきたのが、オーガニックファーマシーです。

こちらは、ブランド人気No.1のクレンジングセット。製品には、人工着色料・人工香料・人工保存料・石油化学料フリー。体にダメージを及ぼすものは一切排出する徹底ぶり。フレッシュなオーガニックハーブから摘出されたオイルやエキスは、コールドプレス製法を用いているそうです。

メイクやネイル、ベビーライン
新たなシリーズが初披露

定番のスキンケアラインの他に、ヘアケア、ボディケア、さらにはバスアイテム、メンズラインまで、プロダクトは多数。このほか、表参道ヒルズ店オープンに合わせて初上陸するメイクアップライン「オーガニックグラム(Organic Glam)」の体験やセミナーやお肌の悩みに合わせた“お手入れ会”を定期的に開催予定。さらには、ベビー、サンケア、フレグランスも表参道ヒルズ店にて初お目見え。

ロンドンのファーマシーを忠実に再現した空間で、ハーブの香りやテクスチャーを五感でじっくり体感すれば、本当に自分のお肌に合ったスキンケアがきっと見つかるはず。ちょっとした悩みごとにも、専門知識をもったスタッフが応えてくれるメディカルとオーガニックの融合ショップ。これは、オープンが楽しみ!

Licensed material used with permission by The Organic Pharmacy
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
華氏800度の釜で焼き上げる表参道のナポリピッツァ専門店800 Degrees〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4-50http://800deg...
今週末8月31日と9月1日の2日間、ドイツのプレミアム家電ブランド「Miele(ミーレ)」が、有機野菜を販売する「ビオ・マルシェ」とともに「オーガニック・...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
9月1日、東京・表参道で台湾発のタピオカスムージー店「ボビーフルーティー」のポップアップストアがオープン。9月30日まで期間限定で休まず営業する。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
9月14日(土)から、マリメッコ初のストリートウェアコレクション「Marimekko Kioski(マリメッコ キオスキ)」のポップアップストアが1週間限...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...